【格安スマホ】「FREETEL 雅(MIYABI)」を1ヶ月間使用した感想 #フリーテル

スポンサーリンク

こんにちは、東京散歩ぽです!

先日、SIMフリーキャリアで通信事業者(MVNO)の「FREETEL」のブロガー発表会に参加して、只今販売中の「SAMURAI 雅(MIYABI)」をモニターさせていただきました!
今回はFREETELの格安スマホ「SAMURAI 雅(MIYABI)」をご紹介します!

追記 新モデル「SAMURAI REI (麗)」のレビュー記事はこちら!

税別19,800円の「SAMURAI 雅(MIYABI)」

FREETEL MIYABI

今回、FREETELを運営するプラスワン・マーケティング株式会社さんからお借りしたのはフラッグシップモデルの「SAMURAI 雅(MIYABI)」。

Android5.1に5.0インチのHD IPSディスプレイ、クアッドコア1.3GHzのCPUを搭載したスマートフォンながら税別19,800円という端末料金は何と言っても魅力的ですよね!

FREETELの機種は和のテイストを前面に出した端末が多いです。こちらの「SAMURAI雅( MIYABI)」の外箱も「雅」の文字が描かれててカッコいい!

FREETEL MIYABI

早速開封!

白い袋に包まれた「SAMURAI 雅(MIYABI)」がお目見え。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
端末と付属品は電池パック、充電器、microUSBケーブル、取扱説明書。

カラバリはシャンパンゴールドとブラック、ホワイトの3色展開。今回はシャンパンゴールドをお借りしました。

FREETELのSIM

FREETEL MIYABI

FREETELのSIMカードも同時にお借りしました。

FREETELはNTTdocomoの回線を使用している通信事業者(MVNO)なのでSIMカードはdocomoの表示です。

料金は最安299円。(~100MB,音声付きは999円)使った分だけ段階的に料金が上がり、音声付きの10GBでも3,170円とこれまでの携帯料金の半分以下の料金になります。

iPhone6sとサイズ比較

FREETEL MIYABI

僕が持っているiPhone6s(4.4インチ)とのサイズ比較。

「SAMURAI雅( MIYABI)」のディスプレイは5インチ。
FREETEL MIYABI

「SAMURAI雅( MIYABI)」はスクエア型の筐体。指にしっくりホールドします。

iPhone6sより若干厚みがあります。

FREETEL MIYABI

背面の白に赤いフリーテルのロゴが鮮やか。

日の丸のロゴの「F」の形は富士山をヒントにしたとか。

FREETEL MIYABI

下面はマイクとスピーカー。

FREETEL MIYABI

右側面は音量ボタンと電源ボタンが配置。

FREETEL MIYABI

左側面はボタンなし。

FREETEL MIYABI

上面はイヤホンジャックとMicro USBの挿入口。

FREETEL MIYABI

センサーはGPS搭載 (A-GPS対応) 、加速度センサー 、 近接センサー、 光センサー、 e-compassが搭載されてます。

サブカメラは500万画素。

FREETEL MIYABI

メインカメラ(1,300万画素)とフラッシュライトは背面上部に配置してます。シャンパンゴールドのベゼルがいいですね!

バッテリー蓋がちょっと開けづらい

FREETEL MIYABI

最近のスマホは薄型化に伴い、スマホの蓋も薄くて外しづらいですよね。

雅(MIYABI)も最初はちょっと外しづらいので気をつけましょう。外し方は底面側に爪を入れて少しだけ蓋を開きます。

FREETEL MIYABI FREETEL MIYABI

少し開いたら、ちょっとづつ爪をスライドさせてパチパチと開けていくと割と開けやすいですよー!

FREETEL MIYABI FREETEL MIYABI
蓋の内側に爪が何ヶ所かあるのでそれを外すイメージで開きます。

FREETEL MIYABI

LTE対応のデュアルSIM

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蓋を開けるとMicroSDスロットとSIMスロットが2箇所。

LTE対応のデュアルSIMですね!うまく格安SIMを使い分ければかなり料金の節約になりそう。今回はこちらのSIM1にFREETELさんのSIMカードを挿入します!

電池パックを装着して準備完了!電源オン(^-^)/

カッコいいアニメーションで「雅(MIYABI)」が起動します!

FREETEL MIYABI

通常、SIMフリー端末でFREETELのSIMを使う場合、APN設定が必要ですが「SAMURAI 雅(MIYABI)」はすでにAPN設定がプリセットされているので特に何かを設定しまくてもそのまま使用できました!

  約1か月間モニターで使ってみた感想

FREETEL MIYABI

今回「SAMURAI 雅(MIYABI)」を1か月間モニター利用してみたんですが、クアッドコア1.3GHzのCPUでGoogleマップやウェブ閲覧、Twitter、Facebookなどはほぼストレスなく見ることが出来ました。

少し気になったのは2,200mAhのバッテリーですかね。1日はなんとか持ちますがハードに使う方はモバイルバッテリーを持ってた方が安心という印象を持ちました。急速充電は旅行時の強い味方になりそうです。

IMG_20151228_174744

カメラは手振れ補正のついた1,300万画素。

少しレスポンスは遅めですがイルミネーションの写真もこんな感じでしっかりと撮影できます!

つながるFREETEL

FREETEL MIYABI

格安SIMって電波の繋がりが不安な感じがしてましたが、FREETELの繋がりやすさはピカイチ!

僕は毎日、かなりの距離を移動するんですが繋がりにくいと思ったことは1度もありませんでした。やっぱりいつでもどこでも電波が届いているという安定感が1番のおすすめポイントかなと思います!

FREETELの「SAMURAI 雅(MIYABI)」はこのデザイン性の良さと現在のスマートフォンの標準性能を持ち合わせているにもかかわらず税抜19,800円で販売しているのは驚異的な価格と言っていいと思います。

「SAMURAI 雅(MIYABI)」は毎月のスマートフォン料金を安く抑えたい方、スマートフォン初心者の方、2台もちを検討されている方におすすめできる格安スマートフォンです!

只今、SIMカード購入で1GBデータ通信量が最大半年間無料、SIMカードとスマホ購入で1GBデータ通信量が1年間無料になる「SIMフリースマホNo.1記念 最大1年間ゼロ円キャンペーン」が実施中です!

「SAMURAI 雅(MIYABI)」の詳細スペックはこちら

カラー ブラック/ホワイト/シャンパンゴールド
サイズ
高さ:142mm 幅:72mm 厚さ:8.2mm
重量 約150g
OS Android5.1
ディスプレイ(サイズ/解像度) 5.0inch/1280×720(HD IPS)
CPU MT6735 Quad core1.3GHz
メモリ
内部RAM:2GB
内部ROM:32GB
外部メディア規格:microSD
外部メディア最大容量:128GB(SD/SDHC/SDXC)
カメラ
メイン:1300万画素
サブ:500万画素
バッテリー
容量:2,200mAh
取り外し:可
連続通話時間 約720分 ※1
連続待受時間 約130時間 ※2
SIM

※FOMAカードは利用できません

スロット数:2(国内で使用できるのは1スロットのみ)
タイプ:micro / micro

SIMロックフリー

おすすめのフリーテル関連記事

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!