【日本エクストリーム出社協会】天谷窓大さんとインタビューさんぽ

気になるあの人とお話ししながら散歩する「インタビューさんぽ」。

今回は日本エクストリーム出社協会の共同代表であり株式会社タノシナルの天谷窓大さんと皇居周辺をインタビューしながら散歩してきました。

IMGP2506extreamshussha

SPONSORED LINK


IMGP2477extreamshussha

天谷窓大さんプロフィール

天谷窓大(あまや そうた)さん(twitter ID:@amayan)は東京都出身。1983年生まれの31歳です。

テレビ制作会社「タノシナル」にてイベント&PRプロデューサー・構成作家・SEとして勤務しつつ2013年には「エクストリーム出社」を考案。日本エクストリーム出社協会の共同代表を務めています。

この日は天谷さんがライターとして参加している地図検索サイト「マピオン」の新コンテンツ「道楽さんぽ」の取材に密着させてもらいました。

いったいどんなお話が聞けるんでしょう?

(写真協力:PEN★宮

IMGP2506extreamshussha

「マピオン」の新コンテンツ「道楽さんぽ」について

散歩ぽ:最初に「道楽さんぽ」について教えてください。

天谷窓大さん(以下:天谷):「道楽さんぽ」はまだ行ったことのない場所での体験や発見のきっかけになる情報をお届けする、地図検索サイト「マピオン」の新コンテンツで月に3本ほど書いています。今回は紅葉シーズンが近いので「都心のさんぽ」として東京駅丸の内口から皇居周辺、お茶ノ水や赤坂迎賓館をまわって取材します。

散歩ぽ:まずは東京駅前の行幸通りですね。ここにもイチョウ並木があったんですね。

PA120021

↑東京駅丸の内口から皇居へつづく行幸通りにはイチョウ並木が連なっています

散歩ぽ:天谷さんと言えばやはり「エクストリーム出社」ですよね。早朝から海水浴や登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をするエクストリームスポーツとして昨年一気に人気に火がつきました。

天谷:ありがとうございます。「エクストリーム出社」は仕事とは別に個人的にやっていたんですが、いろんな企業さんとコラボが増えてきまして会社に相談して事業部を作ってもらい会社の仕事として運営しています。

散歩ぽ:先日開催された「早朝フェス」も大盛況だったとか。どういった方々が参加されたんですか?

天谷:おかげさまで第1回は350名以上の方に参加して頂きました。朝6時半に千代田区の廃校になった体育館を貸し切ってダンスやヨガなど、みなさんとても楽しんでいただいたようです。参加者の主な年齢層は20代後半から30代が中心で女性の方が多いですね。

PA120040extreamshussha↑ 続いては東西線で竹橋へ。気象庁のそばにある震災イチョウは東京におけるイチョウの標準木になっています。こちらは駅が近いこともあって多くの皇居ランナーがここでウオーミングアップをしていました。

IMGP2568extreamshussha↑ 関東大震災の際、文部省の敷地にあったこのイチョウは奇跡的に焼け残り復興の象徴として当時の人たちに希望を与えたそうです。幹には震災での焼け跡が生々しく残ってます。

エクストリーム出社の原体験は少年時代の思い出

散歩ぽ:天谷さんの少年時代てどんな感じだったんですか?

天谷:落ち着きがなかったですね(笑)。子供の頃は祖母がいろんな所に連れてってくれて出掛けるのが好きでした。小学校低学年の頃は夜9時には寝かされてましたね。おかげで朝早く目が覚めてしまって…なのでファミコンとかは夜遅くまでやると怒られるから早起きしては親の目を盗んでいろんな遊びをしてました。

散歩ぽ:ということは子供の頃からエクストリーム出社体質だったんですね^ ^

天谷:そうですね。夜更かしして遊んでると悪いことをしてる感じですけど、早起きして明るい朝に遊んでると誰にも文句は言われなかったですね(笑)。なんか早起きすると日が射してるのに誰も起きてこないのがすごく不思議な感覚として残っていて、それがエクストリーム出社の原体験になっていると思います。

PA120055

天谷:それで社会人になって以前いた会社でパワハラを受けて出社拒否症になりかけました。日曜の夜になると悲しくなってきてまた日常が忍び寄ってくる感じがして…なので起きてるうちは「日曜日」と思って夜中までずっと起きてました。

でも日が出てくると小学校時代を思い出して、また旅に行きたいなあとか思うようになって。遠い所まで行けないけど旅気分を味わいたいなあと思ったんです。

その時は赤羽に住んでいて、今の時間なら築地とかも空いてるのかなと思って検索したら30分で着くことが分かって。じゃあ行ってみようってことで出社前に築地に行ったのがエクストリーム出社の始まりですね。

IMGP2666extreamshussha

↑ 続いて向かったのは御茶ノ水。
中央線と丸の内線が交差するこのトンネルは印象的。聖橋から見える神田川は江戸時代に手掘りで切り開かれたのだとか。

散歩ぽ:現在、天谷さんはテレビ制作会社にお勤めですが、どんなテレビ番組が好きでしたか?

天谷:子供の頃は「ボキャブラ天国」とか「投稿!特ホウ王国」が好きでよく見てました。バラエティーや実験物が好きで「所さんの目がテン」とか「鉄腕DASH」とか。「音効さん」て番組も好きでしたね。ラジオもよく聴いていて伊集院光さんのラジオが昔から好きでした。伊集院さんのラジオの企画で90分間で韓国を往復するっていう回があって、それもエクストリーム出社のモデルのひとつとなってますね。

IMGP2710extreamshussha

企業とのコラボエクストリーム出社

散歩ぽ:僕も昨年エクストリーム出社をやったんですが午前中はシャキッと目が冴えるんですけど、午後くらいになると眠くなることってありませんか?

天谷:そうですね。昼ご飯を食べると眠くなるんで昼寝しちゃいます(笑)。なので絶対眠くならないエクストリーム出社ないかなあと思って先日、相模湖プレジャーフォレストさんとのコラボで「エクストリーム出社大会 in さがみ湖リゾート」というのをやりました。3日間でのべ45名の方に参加してもらいまして中には3日間連続で参加してくれた方もいました。


↑ 9月2日〜4日に開催された「さがみ湖リゾートからのエクストリーム出社」の動画
散歩ぽ:初日は絶叫マシン、2日目は温泉、3日目はBBQとどれも出社前とは思えないほどのアクティブさですね^_^

天谷:絶叫マシンは朝6時半に特別に運行してもらいました。まだ朝霧がかかってる中、合計4回乗りましたよ!あの時はほんとに目が覚めました!

散歩ぽ:最近は様々な企業とのコラボをしてますよね!

天谷:そうですね。ご依頼頂いたりこちらから提案したりしてます。今年の夏にはAmazonさんに水鉄砲を無償提供してもらって西新宿の廃校の校庭を借りて「エクストリーム水鉄砲運動会」をやりました。

嬉しいのがやってくれる皆さんがすごく楽しんでくれるんです。Amazonさんのお偉いさんも一緒に参加してくれて「楽しいですね!」って言ってくださるのが本当に嬉しんです。

Amazonさんとは11月26日に「早朝コスメバイキング」というイベントを行います。ヘアメイクアップアーティストさんに来てもらって出社メイクなどを体験出来るエクストリーム出社になってます。

PA120210

↑ 最後は四谷の赤坂離宮迎賓館前のイチョウ並木。ここは行き交う人も少なくて意外と穴場です。

みんなが面白がってるのを見るのが好き

散歩ぽ:先日、東京にいながら里帰りできるエクストリーム出社の記事を見たんですがあれ面白いですね^ ^

天谷:目黒にあるもともと古民家だった家が撮影用のロケセットになってまして、そこで東京にいながら佐賀の実家に里帰りを疑似体験できるエクストリーム出社をやりました。女性限定だったんですけど、参加してくれた人の中には佐賀県出身の方もいて楽しんでいただけたようです。

【出社前に非日常を体験】出社前に東京にいながら “佐賀への田舎帰省” を体験! 話題の「エクストリーム出社」で帰省気分を満喫してきた

皆さん、今年の夏は帰省しましたか? おじいちゃん、おばあちゃんに会いましたか? 記者(私)の祖父母はすでに他界していてもうおじいちゃん、おばあちゃんに会えない …

youpouch.com

散歩ぽ:天谷さん、おばあちゃんやってましたよね?

天谷:僕が佐賀のおばあちゃん役で共同代表のしーなねこさん(@shiinaneko)がおじいちゃんという設定でした。佐賀のお菓子とか佐賀県で売ってる名物や本をセットにして、みんなでそれを食べたり読んだりしながら縁側でゴロゴロしましょうという企画でした。佐賀弁は練習しておばあちゃんの台本もちゃんと作って方言指導してもらって役作りしました。前日にはちゃんと通し稽古をしたんですよ(笑)。

散歩ぽ:通し稽古!まさに舞台ですね^_^ そこまでやりたい気持ちってどこから生まれてくるんですか?

天谷:やっぱり面白いものがみたいですし、それでみんなが面白がってるのを見るのが好きですね。もともと妄想が好きでこんな風になってたらいいなとか考えるのが好きでしたから。

散歩ぽ:これは佐賀県以外でもシリーズ化できそうですね。今後やってみたい地方とのコラボエクストリーム出社てなんか考えてますか?

天谷:来春開業する北陸新幹線と絡めて金沢からのエクストリーム出社とか出来ないかなと思ってます。北陸を日曜の夜まで楽しんで月曜の朝出社とか出来たら面白いですね。

散歩ぽ:今後、エクストリーム出社をどのように拡げていきたいですか?またどんな人に挑戦してもらいたいですか?

天谷:早朝営業のお店など、エクストリーム出社を楽しめる場所をどんどん増やしていきたいなと思います。

会社へ行くのが憂鬱な人や、毎日に変化をつけてみたい人、また、自分を表現するのが好きだったり、出会いを求めている人(異性にかぎらず、友達を増やしたい人)には、とくにやってもらいたいです!

IMGP2830extreamshussha

今回は「道楽さんぽ」の取材に密着させてもらいましたが、天谷さんは地理や歴史にも造詣が深く、かなり綿密に下調べした上で取材されてました。そんな天谷さんが企画するエクストリーム出社イベントはまさに真剣に考え抜かれた「大人の遊び」であり面白くない訳がありません。

今後も日本エクストリーム出社協会の活動に目が離せませんね!

日本エクストリーム出社協会

www.xn--icko4ayd9fnc4gs150a23zd.com

おすすめの関連記事

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ