「MUJI HOTEL GINZA」が2019年4月に開業予定!無印良品の商品が試せるホテル?

MUJI HOTEL GINZA外観

無印大好き、東京散歩ぽです。
株式会社良品計画は銀座に日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」と飲食業態「MUJI Diner」を併設した世界旗艦店「無印良品 銀座」を2019年4月4日(木)(予定)に開業することを発表しました。

SPONSORED LINK

MUJI HOTEL GINZAについて

MUJI HOTEL GINZA

中国の深圳、北京に続く世界で3か所目となる「MUJI HOTEL GINZA」は 「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、6階にフロント、7~10階に79部屋の客室を用意。ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先で体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供するそうです。

また、フロントフロアの6階では複合的なデザイン文化の発信基地「ATELIER MUJI GINZA」を展開。ものづくりやデザインにまつわる様々なテーマから展示を企画する2つの「Gallery」、おいしいコーヒーやお酒を飲みながら人が語らい集う「Salon」、デザイン・アート関連の書籍を揃えた「Library」、トークイベントやワークショップを開催する「Lounge」が設置され、無印良品が考える未来を見据えたメッセージを発信していくそうです。

また同時開業する世界旗艦店の「無印良品 銀座」では、1階フロアにて東京近郊の農家との繋がりによる産地直送をテーマとした青果や、新鮮なフルーツを使ったジュースやデザートの販売やグリーンティやルイボスティーなどの茶葉とその場で選んだスパイスやフルーツを組み合わせられる「お茶の量り売りサービス」の導入を予定しているそうです。

さらに、「素の食」をテーマとするレストラン「MUJI Diner」を地下1階で展開。サラダカウンターや旬の魚介、肉料理、ジビエなどを使った一品料理をご用意し、一人でも、家族や仲間とのグループでもくつろげる空間となるそうです。

無印良品 有楽町は2018年12月2日で閉店

これに伴ってJR有楽町駅前に構える「無印良品 有楽町」は2018年12月2日(日)をもって閉店。2001年のオープン以来、17年の歴史に幕を下ろすそうです。

無印良品ファンとしては無印良品の商品などを体感できる「MUJI HOTEL GINZA」の日本進出は待ち遠しかったです。無印良品の店舗と連携しているそうなので客室の内装や家具、寝具、家電、バス用品、タオルなどなど、実際に使用感が試せそうですよね!

MUJI HOTEL GINZA 概要

名称:MUJI HOTEL GINZA
所在地:東京都中央区銀座3丁目103番3、4、6、14、15、21、40(地番)
開業日:2019年4月4日 (予定)
宿泊予約開始:2019年3月中旬
企画・内装設計・運営:UDS株式会社
客室構成:全79室 、13.62㎡~51.62㎡
フロア構成:6~10階
レストラン: 44席(6階)
ウェブサイトURL:https://hotel.muji.com/ja/

あわせて読みたい