【仙台・Café 青山文庫】読書したくなるカフェで煮込みシチューとガレットをいただく #LocketsPR

こんにちは、東京散歩ぽです。
仙台の東北ブロガー会の前に立ち寄った「Café 青山文庫」さんがとても居心地がよかったのでご紹介。
JR仙台駅から徒歩数分のところにあるアーケード街のビルの5階にあります。入り口からしていい雰囲気。早速、入ってみましょ!

Café 青山文庫

本棚に囲まれた店内は、テーブル席、カウンター席合わせて40席。午前11時からのオープンでしたての頃に入店したところ、すでにお店の半分は席が埋まってました。かなり人気のお店なんですね。

入り口横にはコーヒー生豆が販売してました。

それにしてもお店の雰囲気がいい。どこか郊外の古い学校の校舎にある図書館のような雰囲気。

置いてある本はもちろん全てホンモノ。思わず手にとって読みたくなる本ばかりです。

こちらの「Café 青山文庫」さんのサブタイトルは「~本と珈琲とインクの匂い~」。

店の片隅には小さい机と椅子。その上には書きかけの原稿とインクとペンが置いてありました。

仙台の街並みが見下ろせるカウンター席は、文庫本がずらりと並びます。

思わず時間を忘れて読書したくなるおしゃれ空間でした。

ということでオーダー。出席簿みたいなメニューから選びます(^^ )

Café 青山文庫のメニュー

Café 青山文庫のメニューはこちら!(クリックで拡大します)

ハンドドリップのコーヒーにガレットが名物料理なんですね。

青山文庫ブレンド(500円)

まずは青山文庫ブレンドで一服。注文を受けてからミルで豆を挽いてハンドドリップで淹れてくれます。

酸味と苦味のいいバランスのコーヒーです。

煮込みシチューライス(800円)

僕は煮込みシチューライスをオーダー。コトコト煮込まれたビーフシチュー!

下にはライスがあるのでリゾット感覚でいただきます。

黄身を崩して〜

しっかりお米にまとわせて食べてみると濃厚でボリューミーな味わい!

これ美味しい(´▽`)

シシリエンヌ(1,350円)

こちらはガレットのシシリエンヌ。

長野県産のそばを石臼で挽いて作ったそば粉で作ったガレットにはグリュイエールチーズ、レッドチェダーチーズ、ゴーダチーズという3つのチーズが独自配合で入っています。

カリカリとした外側と内側のもちもちした食感が◯ ガレットは作るのに少し時間がかかるので時間に余裕をもって行きましょう。

この日は短い時間でしたが仙台の友達と久しぶりに会って、楽しい時間を過ごすことができました。

Café 青山文庫」さんは雰囲気がいいので、気の合う仲間と懐かしい話するのにはベストロケーション。もちろん一人で読書に勤しむのも良さそう。仙台でいいお店、見つけちゃった♪

(画像提供:じーにー)

Cafe 青山文庫


住所〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-1-27 Ever-i中央ビル5F
アクセスJR仙石線あおば通駅徒歩2分
最寄り駅JR仙石線あおば通駅
営業時間月~木・日 11:00~24:00(L.O.23:00)
金・土・祝前日 11:00~翌3:00(L.O.2:00)
定休日
グルメ情報検索サイト ぐるなび

ぐるなびで予約する

→食べログ

Translate »