2015年東京散歩ぽ的に印象に残っている記事 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

こないだ奥野大児さんとメッセージでやりとりしてたら「こんな感じのバトンあるんだけどYouやらない?」的なことを言われたので「明日やります。」と返答したところ「今すぐDo it!」と返されたので書いてみますね。
2015年アイコン

今年の奥野さんの「残念ブログ」の内容が本当に残念で切なくなるんですけど、奥野さん的にはむしろ「残念」をプラスの力に変えているので、それはそれでOKなのかなと思ったりしてます。

それで今回の「ハイパーリンクチャレンジ」ってなんぞやってお話なんですけど「隠居系男子」の鳥井弘文さんらが発信したバトン企画です。

バトンとか懐かしい。。mixi以来です。

開催趣旨と概要はこんな感じです。

【開催趣旨】

「SEOでは計れない、価値がある。」
「ウェブだって、すごいんだぞ!」
「ウェブメディアだって、むくわれたい。」

現状ではウェブメディアに対するアワードがない。しかし、作り手は日々葛藤しながら多くのコンテンツを作り出している。それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる(映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。

アワード形式にすることで、担当編集者・ライターを表彰することも目標のひとつ。

【概要】

・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

・ハッシュタグ「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

「ブログ・オブ・ザ・イヤー」的なこの企画。めっちゃ面白そう!

ということで今回は「2015年東京散歩ぽ的に印象に残っている記事」をご紹介します!

フォトジェニックなモミアゲの店主がいる「おふくろ屋台一丁目一番地(吉祥寺)」にdocomoの「Galaxy S6 edge SC-04G」を持って行ってきた♪ #Galaxyアンバサダー

今年、一番面白かったのはオレガジェさんのモミアゲシリーズです。

吉祥寺のハーモニカ横丁にある居酒屋のご主人の尋常じゃないモミアゲがイラっとするんですけど、なんか憎めない不思議な魅力があります笑。僕らもその後お店に行って楽しませてもらいました。ホントにオレガジェさんは人材発掘の天才ですね。

【香川うどんさんぽ②】超高速回転のうどん屋さん「麺処綿谷 丸亀店」で冷やしうどんと肉ぶっかけ( 0w0)ノ ウェーイ

P5150693mendokorowataya
今年5月に四国の香川県に行った時の記事です。Edge Rankでご一緒しているヨスさんにアテンドしてもらった讃岐うどん屋さんなんですけど、平日のお昼時に行ったこともあって地元の皆さんがわんさか来てました。
とにかく、ものすごいスピードで回転する上、無茶苦茶元気なうどん屋さんに軽くカルチャーショックを受けたこちらの記事が今年のイチオシ記事とさせていただきます(^-^)

お次のバトンはこちらへ

ということでお次の方へバトンをお渡しします。オレガジェさんはブログ借金で大変そうなのでこちらのお二人へ。

ガジェとろ」のアリマックスさんは今年お会いしたブロガーさんの中で一番勢いがあります。アウトドアとか居酒屋とかイベント系のネタを書いてます。

ビットエーの広報、ゆうせいさんも今年お会いした方の中でも屈指の面白さ。
ゆうせいさんのトークにちょいちょい挟んでくる擬音が大好きです。

ということで2015年東京散歩ぽ的に印象に残っている記事でした!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA