今年からネットでも応募可能!「迎賓館赤坂離宮」一般参観が8月に開催

内閣府から平成25年の迎賓館赤坂離宮参観の申込みの発表がありました。
2013年8月22日(木)から8月31日(土)の計10日間で限定20,000名が参観できますよ!
嬉しいことに今年からはネットでの応募も可能になりました。
今回は去年僕らも参加した参観当日の流れを写真を交えてお伝えします。
RIMG0310

SPONSORED LINK

2009年には国宝に指定

赤坂離宮迎賓館といえば、海外の国家元首など国賓の方々がこちらに泊まられたり皇室の方々と晩餐会が行われたりする国の重要施設ですよね。元々は大正天皇が皇太子時代に建てられた東宮御所でしたが、あまりに華美すぎたためほとんどこの御所を使用することはなかったそうです。

第2時世界大戦後、国の様々な機関で使用されてましたが国際関係が緊密化して外国の賓客を迎えることが多くなり1974年(昭和49年)3月に今の迎賓館が完成し、2009年には明治以降の文化財としては初の国宝に指定されました。

通常は非公開なのですが毎年8月に10日間だけ事前申し込みによる一般参観が行われています。

RIMG0261

場所はJR四ツ谷駅下車して徒歩数分。赤坂離宮迎賓館の正門が見えて来ました。

ここだけ日本とは思えない雰囲気ですよね。まるでイギリスのバッキンガム宮殿みたい^^

一般参加は人はもちろんこちらの正門からではなく西門から入場します。

RIMG0265

参観者は西門から入場します。するとぽっかりと空いた穴が。

実は迎賓館の表の庭の地下には首都高速4号新宿線が走ってるんです!地図で見るとこんな感じ。


大きな地図で見る

走ってるのは知ってたけど、まさか見られるとは思わなかったなあ。

RIMG0266

参観者はまずこちらで受付、持ち物検査を行います。

空港の検査みたいに金属探知機のゲートとX線で厳重にチェックされますよ。

国の重要施設ですからね。これくらいはしとかないと。

RIMG0267

入場が許可されれば迎賓館のパンフレットと

参観者のバッジが配られます。

桐の紋章。日本国政府の紋章ですね。

RIMG0268

迎賓館は地上二階地下一階の構造。

裏庭の庭園も見ることが出来ます。

RIMG0269

迎賓館の西側からの光景。すごい迫力!

ネオバロック様式の壮麗な洋風建築は2階建てとはいうものの、普通の建物の3階以上くらいの高さはありそうです。

RIMG0315

参観者は西側のこちらの入り口から入っていきます。

しかし残念ながら内部の撮影はNG。

中では部屋ごとにボランティアの方々が部屋の装飾など詳しく説明してくれます。

全ての部屋がものすごいんですが中でも、中央階段、彩鸞の間、花鳥の間、羽衣の間はホントに見事です。

1階、2階とくまなく部屋を回れてほんとに貴重な体験でした^^

ちなみに中では階段の手すり以外どこも触れません。

しっかりと目に焼き付けてきましょう!
RIMG0274

約30分ほど館内を見て、西の入り口から再び出て来ました。

さて今度は裏庭に行ってみます^^

8月の暑い日でしたがテントの休憩所やソフトドリンクの自販機もあるのでゆっくり参観できました。

RIMG0280

こちらが迎賓館の裏側です。

表は普段見れても裏側はめったに見れませんよね〜。

RIMG0276

こちらが迎賓館の裏口。

裏口って言っていいのかわからないくらい豪華^^;

RIMG0288

階段を登って裏側正面で写真を撮ることも出来ますよ!

RIMG0279

こちらには旧ソ連のゴルバチョフ大統領やエリザベス女王の植樹もあります。

RIMG0283

そして庭園には立派な噴水があります。

これがまた見事!

RIMG0287

グリフォンからドバーッ!

RIMG0299

再び正面玄関に回って来ました。

外観は写真撮影自由なので皆さんバシャバシャ記念撮影してました^^

RIMG0303

ということで僕らも記念撮影^^

ポロシャツに短パンでも入れます^^;

RIMG0304

正面入り口の装飾も豪華で見事だった〜

RIMG0313

正面の上にはこんな装飾もあるんですね。

明治時代の富国強兵の象徴として鎧兜の意匠を用いたんだとか。

RIMG0309

今年からネットでの応募も可能

年間を通してわずか10日間だけの貴重な開催です。参加費はもちろん無料。

昨年までは往復はがきのみの応募だったんですが今年からネットからの応募が可能になりました!

世界の国賓しか入れない赤坂離宮迎賓館。是非1度訪れてみてください。

【応募要項】

1、参観期間
平成25年8月22日(木)から8月31日(土)までの10日間

2、参観できる方
平成10年4月1日以前に生まれた者

3、参観定員
20,000名(各日2,000名)

4、参観応募期間

平成25年6月3日(月)から6月28日(金)まで(郵便の場合は28日必着)

5、応募方法
◯インターネットで応募される場合は、迎賓館赤坂離宮参観応募ページ(受付期間6月3日(月)0時から6月28日(金)24時まで)※受付は終了しました。

◯郵便で応募される場合は、こちら(PDF形式:114KB)の応募方法、記入例を参考に「官製郵便往復葉書」に必要事項を記入して応募ください。
※官製郵便往復葉書以外での応募は無効として扱い、抽選結果等の通知はいたしません。
※、ともに氏名、住所などの記載事項等に不備のある応募は、無効として扱い、抽選結果等の通知をしない場合があります。
※、ともに参観希望日各日ごとに、複数回の応募は無効となります。(応募者・同行者問わず、各日1回目のみが有効)

応募詳細はこちらをご覧ください。

迎賓館の参観について – 内閣府

→クラブツーリズムで迎賓館赤坂離宮バスツアーを探す

おすすめの関連記事

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ