聖蹟桜ヶ丘さんぽ 後編「dining和桜」であの鍋焼きうどんを食す 【PR】 #多摩の魅力発信プロジェクト #たま発 #tamahatsu #多摩 #耳すま

SPONSORED LINK

こんにちは、東京散歩ぽです。

東京都の「多摩の魅力発信プロジェクト」の一環で多摩市にある聖蹟桜ヶ丘を散歩しています。
前回、ジブリ映画「耳をすませば」のモデルとされたいろは坂を登りきり、金比羅宮を参拝して、いよいよ聖蹟桜ヶ丘散策マップの3ヶ所目のスタンプ設置場所を目指しました。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

映画『一週間フレンズ。』のロケ地となった階段

金比羅宮を後にしてしばし歩いていくと、スカッとした青空が広がる見晴らしのいい場所が見えてきました。

ここは今年公開された川口春奈さん、山﨑賢人さん主演の映画『一週間フレンズ。』のロケ地となった階段です。

階段からは永山方面の街並みを望むことができます。

ふう〜いい眺めヽ(´ー`)ノ

下から見上げるとこんな感じ。

多摩市は映画やテレビのロケ地としてもたびたび登場する街です。

都内唯一の環状交差点、桜ヶ丘ロータリー

さて、いよいよ聖蹟桜ヶ丘さんぽも終盤。

ここは桜ヶ丘ロータリーと言って、都内で唯一の環状交差点(ラウンドアバウト)です。標識も特徴的ですね。

環状交差点は時計回りに回りながら、好きな道に左折するのが特徴でパリの凱旋門の周りがここと同じ環状交差点です。

この辺りの風景も「耳すま」の中に出てきましたよね。

「地球屋」のモデルとされた場所は現在、デイサービスセンターになっていました。

SPONSORED LINK

dining和桜

その桜ヶ丘ロータリー沿いに2015年にオープンしたのが「dining和桜」という和食ダイニングレストランです。

こちらの店先に「聖蹟桜ヶ丘散策マップ」の3ヶ所目最後のスタンプが設置してありますよ!(スタンプはお隣の洋菓子ノアにも設置してあります)

ここでスタンプを押して「聖蹟桜ヶ丘散策マップ」スタンプラリーをコンプリート!

今日はなかなか暑かったよ(^^;)

ということでこちらの「dining和桜」さんでランチをいただきます。

こちらのお店のおかみさんは「耳をすませば」の大ファン。耳すまの聖地でお店を出すのが夢だったそうです。

耳すま鍋焼うどん(880円事前予約制)

さて、こちらのお店は夕方からのダイニングがメインのお店ですが、事前に予約すればランチをいただくことができます。

お目当ては「耳すま鍋焼うどん」(880円税込)。

耳すまの主人公と地球屋のご主人が食べたあの鍋焼きうどんのようですね(^^ )

にんじん、大根、長ネギなど6種類の野菜に豚肉、卵、油揚げが乗った具だくさんの鍋焼きうどん!

ゆずの香りも食欲をそそります。

いただきます!

ということで早速、いただきます!

うどんは細麺の稲庭うどんを使ってますよ〜!

つるつるっと!野菜の旨味が凝縮したお出汁とともに最高に美味しかったです(^^ )

からあげ定食(880円事前予約制)

こちらは嫁さんオーダーの「からあげ定食」(880円税込)。こちらも事前予約が必要です。

カラっと揚げられたジューシー唐揚げが旨い!こちらもおすすめですよ!

ちなみにお店には記念の書き込みができる「耳すまノート」が置いてあるので書き込みしてみましょう。6冊目となる書き込みノート。今では海外から来られる方も多いそうですよ!

耳すまをこよなく愛するオーナー夫妻が営む「dining和桜」では、お昼はドリンクもいただけるので、散策後に訪れてみてはいかがでしょう!

ということで聖蹟桜ヶ丘散策マップスタンプラリーさんぽはこれにて終了です。鍋焼きうどんを食べてる最中にもスタンプラリーに参加してる人が多くいましたよ。この週末はジブリ映画「耳をすませば」のモデルとされた聖蹟桜ヶ丘を散策してみるのはいかがでしょう!

dining和桜

住所:東京都多摩市桜ヶ丘2-2-6
電話:042-319-3936
営業時間:12:00〜(ランチ営業)17:00〜22:00L.O(ディナー営業)
定休日:月曜日
公式サイト:http://wazakura.net/

今回のさんぽルート

聖蹟桜ヶ丘散策マップスタンプラリーさんぽ

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ