【ソラチカカード】東京散歩で!外食モニターでANAマイルがザクザク貯まる!陸マイラー必携のクレジットカード

ソラチカカード

隠れ陸マイラー、東京散歩ぽです!
今日ご紹介するのは僕が長年利用してきたクレジットカード「ANA ToMe CARD PASMO JCB」です。通称「ソラチカカード」と呼ばれるこのカードは東京散歩の時に便利な東京メトロを利用するだけでなく、様々な利用シーンでANAマイルが貯まる、ANAマイラー必携のJCBカードです。

ソラチカカードの基本情報

  • 年会費:初年度年会費無料。2年目以降2,000円(税別)家族会員1,000円(税別)
  • ポイント:ANAマイル / メトロポイント /JCB Oki Doki ポイント
  • マイル移行手数料:10マイルコース年間5,000円(税別)、5マイルコース無料
  • PASMO機能:あり
  • PASMOオートチャージ機能:あり
  • 定期券:搭載可能(東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄で発売している定期券)
  • ETCカード/ QUIC Pay/ PiTaPa/ プラスEX を追加可能
  • 乗車ポイント:平日5メトロポイント / 休日15メトロポイント
  • 電子マネーポイント:自販機100円=1メトロポイント / 店舗200円=1メトロポイント
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円 /国内航空障害保険最高1,000円/ショッピングガード保険(海外)最高100万円

ソラチカカードの年会費

ソラチカカードは初年度の年会費は無料です。
2年目以降は本会員2,160円(税込)、家族会員1,080円(税込)になります。

ソラチカカードは初回入会時から毎年ANAマイル1,000マイルが付与されます。
俗にANAマイルは1マイル=2円程度の価値があると言われているので、それを鑑みると1,000マイルは2,000円程度となり、実質160円とほとんど年会費がかからないことになります。

ソラチカカードのポイント

ソラチカカードポイント交換

ソラチカカードでショッピング利用すると1,000円につきJCBの「Oki Dokiポイント」が1ポイント貯まります。Oki Dokiポイントは1ポイント=5円相当なので、還元率は0.5%です。Oki Dokiポイントはマイル自動移行コース10マイルと5マイルがあり、年間5,000円(税別)の手数料を払うと10マイルに交換できます。

後述するメトロポイントは100メトロポイントを90マイルと言う高レートで交換することができます。

コース名称 移行レート マイル移行手数料
 マイル自動移行コース10マイル OkiDokiポイント1ポイント=10マイル 年間5,000円(税別)
 マイル自動移行コース5マイル OkiDokiポイント1ポイント=5マイル  無料
 マイルポイントコース10マイル OkiDokiポイント1ポイント=10マイル 年間5,000円(税別)
 マイルポイントコース5マイル OkiDokiポイント1ポイント=5マイル  無料

自動移行コースとマルチポイントコースの違いですが、自動移行コースは毎月OkiDokiポイントがANAマイルに移行され、マルチポイントコースは自分の好きなタイミングでANAマイルに移行することが出来ます。

年間5,000円の移行手数料を払えば、単純に獲得マイルを2倍にすることが出来ますが、これは年間のカード使用金額によって変わってきます。おおむね年間100万円以上使用する人は10マイルコース、年間100万円以下の方は5マイルコースでいいかと思います。

僕はメインカードをANAワイドゴールドカードに集中させているので、このソラチカカードは後述するPASMOやポイント交換の中継地点としての使用が多いため、「マルチポイントコース5マイル」に設定しています。

オートチャージPASMOと定期券搭載

ソラチカカードにはPASMOが搭載していてオートチャージすることもできます。おでかけの多い僕らはこのカードでオートチャージして電車に乗ることが多いです。オートチャージ1,000円でOkiDokiポイントが1ポイント(5円相当)獲得出来ます。

定期券を搭載しているので、東京メトロで通勤通学している方はソラチカカードで定期券を購入すると1,000円につきメトロポイント(5ポイント)とOkiDokiポイントの二重取りが出来て還元率は1%になります。これはかなり大きいですよね。定期券が月1万円なら年間120ポイント、月2万円なら年間240ポイントでこれだけでもカード年会費の元が取れてしまいます。

東京メトロ乗車でメトロポイントが貯まる

メトロポイントPlus
ソラチカカードには「メトロポイントPlus」という制度があり、東京メトロの多機能券売機や会員専用サイトで事前に登録すれば、お出かけ時に東京メトロを乗車(定期券利用範囲外)すると、平日1乗車で5ポイント(5円相当)、土休日1乗車で15ポイント(15円相当)を獲得できます。

メトロポイント

東京メトロの初乗り運賃は170円ですので土日休日に往復乗れば、メトロポイントが30ポイント付与されます。毎週1回乗れば、それだけで年間1,560ポイント貯まります。それをANAマイルの交換(100ポイント=90マイル)すれば1,350マイルにもなります。

東京メトロに乗るだけでANAマイルが貯まるのはいいですよね(^^ )

しかしこのソラチカカードにはもっとお得にANAマイルを貯めることができるんです!

ポイントサイトを経由してメトロポイントに集約→ANAマイルに交換する

ソラチカカード最大のメリットは俗に「ソラチカルート」と呼ばれるメトロポイントと提携する様々なポイントサイトのポイントを0.9倍という高いレートでANAマイルに交換できるということです。

今回は僕がよく利用しているおすすめのポイントサイトの特徴とANAマイルの交換ルートをご紹介します。(交換ルートはポイ探を参照)

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ソラチカルート(ハピタス)
楽天は1%、楽天ブックスなら2%など
このポイントサイトを経由するだけで
ほとんどのショッピングでポイントを
稼げる陸マイラー御用達サイト。
友達紹介制度は最大40%。
ハピタスのポイントは1ポイント=1円。
1,000ポイントの場合.moneyまたはPeX
→メトロポイントを経由して600マイルに
交換できます。

ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン ソラチカルート(ポイントタウン)
格安SIM・スマホなどの申し込みや
旅行サイト、後述する外食モニター
などでも多くのポイントを稼げる
ポイントサイト。
LINEポイントにも交換可能。
ポイントタウンのポイントは20ポイント=1円。
20,000ポイントの場合はPeX
→メトロポイントを経由して600マイルに
交換できます。

ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ ソラチカルート(ちょびリッチ)
クレジットカードを発券する際に多く
のポイントが稼げるポイントサイト。
お試し・サンプルなどの全額還元
の案件も多い。
ちょびリッチのポイントは2ポイント=1円。
2,000ポイントの場合.money
→メトロポイントを経由して600マイルに
交換できます。

ファンくる

ソラチカルート(リアルワールド)
ファンくるは美容・通販・外食
などのモニターが多く集まる
ポイントサイト。特に外食モニ
ターが多く、一度に多くのポ
イントを獲得できる。
ファンくるのポイントは10ポイント=1円。
10,000ポイントの場合、PEX→メトロポイントを経由して
600マイルに交換できます。

僕の場合は普段のネットショッピングから旅行の予約(レンタカー・バスの予約)、格安SIMの契約、クレジットカードの発券をこれらのポイントサイト通して購入・申し込みをしています。たとえば楽天でのお買い物ならこのポイントサイト以外にも楽天スーパーポイントがつくのでポイント二重取りができます。

その中でも、外食モニターはかなり効率的にポイントを稼ぐことができます!

外食モニターで大量ポイントをゲット

ファンくる

今、ご紹介したうちファンくるちょびリッチポイントタウンなどでは外食モニターで飲食代の30%〜100%(上限あり)の謝礼をポイントでもらうことができます。僕はよくファンくるの外食モニターを利用します。100%などの高い付与率のモニターはすぐに埋まってしまいますが、ファンくるは毎月1日に外食モニター募集が始まり、たまに地元のファミレスやラーメン屋、プロントなどのカフェのモニターが募集されている場合があり、よく利用しています。

ファンくる外食モニター

↑例えばこちらのお店のモニターの場合は当選から5日間以内にお店を訪れて、指定のメニューをオーダーし、来店証明のレシートの写真とアンケート(数十問)を回答すると、上限5,000円の飲食代金の30%(1,500円分)が運営サイトのポイントで付与されます。そのポイントを「PeX」または「.money(ドットマネー)」→メトロポイント→ANAマイルと交換すれば、750マイルにすることができます。

通常、ソラチカカードのショッピングで750マイルを付与させるにはOkiDokiポイント10マイルコースで75,000円、5マイルコースなら150,000円分のショッピングをしなければなりません。それを考えると外食モニターは超効率的にANAマイルがゲットできると考えていいでしょう。

ソラチカルート(PeX)

PeXは交換手数料が500P(50円)発生する。

PeXはメトロポイントの交換地点としてのみ利用します。

ポイントを貯めるのはあくまでも上記の4サイトがメイン。

デメリットは交換期間が長い

ToMeCARD会員専用サイト

To Me CARD会員専用サイトからは毎月20,000ポイント(18,000マイル相当)が上限で移行できる

デメリットの一つとしてあげられるのは交換期間が長いことです。PeXまたは.moneyまでが即日〜10日、メトロポイントまでが約60日、ANAマイルまでがさらに約60日と最長4ヶ月以上かかります。

マイ友プログラムで最大3,000マイルゲット

現在ソラチカカードでは

  • 入会時のボーナスマイル1,000マイル
  • 10マイルコースに設定するとOki Dokiポイント500ポイント(1,500マイル相当)

とキャンペーンで2,500マイルを獲得することができます。

マイ友プログラム

さらに、まだANAカードを持っていない方は「ANAマイ友プログラム」を利用すると、ANA一般カード(ソラチカカード)の場合500マイルが「紹介者」と「入会者」に入ります。

したがって最大3,000マイルが獲得できます!

マイ友プログラム

↑「ANAマイ友プログラム」で申し込む方法は下記の「申込者情報登録用URL」のページの「登録用ページ」ボタンをクリックして出てくる画面で「紹介者情報」に僕の名前紹介番号と入力し「申込者情報」に皆さんの氏名(カナ)と生年月日を入力し登録します。

※皆さんの個人情報は僕には知らされません。

  • 紹介者氏名「ナカガワ マナブ
  • 紹介番号「00012669

申込者情報登録用URL
https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/

マイ友プログラム

↑登録が完了して、ご希望のANAカードに入会申し込みすれば完了です。

ソラチカカードでANAマイルを貯めて毎年沖縄に行ってます

ANAマイル

最近は格安航空(LCC)も利用しますが、うちからは成田空港はかなりの道のり。羽田空港から利用できるANAはやはり利便性が高いですよね。

ソラチカカードはANAマイルを貯める上では必携にして最強のカードです。僕はソラチカカードを利用し始めてからというものの、飛躍的にANAマイルが貯まり、ここ数年はANAマイレージを使って毎年沖縄に嫁さんと2人で行ってます。現在も10万マイル近くあるので、あと2〜3回は夫婦で沖縄を往復出来そうです(^^ )

PONEYでソラチカカードで4320マイルゲット

ポイントサイト「PONEY」ではソラチカカードを発行すると4800円相当のポイントをゲットできます。これを「.money(ドットマネー)」→メトロポイント→ANAマイルと交換すれば4320マイルに交換できますよ!

Poneyの会員登録はこちらからどうぞ!

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

あわせて読みたい

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ