【沖縄の世界遺産・今帰仁城】第10回今帰仁グスク桜まつりを見に行ってきた!絶景とともに桜を堪能!

沖縄に行ってきました東京散歩ぽです!

今帰仁村にある世界遺産「今帰仁城」では毎年1月下旬から2月中旬まで「今帰仁グスク桜まつり」が開催中ですよ!

第10回今帰仁グスク桜まつり

今帰仁グスク桜まつり

沖縄の美ら海水族館から車で約18分ほど。今帰仁村にある世界遺産「今帰仁城(なきじんじょう)」にやってきました。こちらでは2017年1月28日(土)〜2月12日(日)まで「第10回今帰仁グスク桜まつり」が開催中です!

まずはこちらの今帰仁村グスク交流センターでチケットを購入しましょう。(大人400円、小中高生300円)

今帰仁グスク桜まつり

SPONSORED LINK

この日(2月3日)は5分咲きの表示が出てましたよ!

実はここに来るまで、この桜まつりがあるなんて全然知りませんでした。嬉しい誤算(^^ )ちなみに平日でしたが、地元の方も多く来ていたようで、駐車場もかなり車が停まってました。

世界遺産「今帰仁城」へ

今帰仁城 今帰仁城

こちらが世界遺産「今帰仁城」です。2000年に那覇市の首里城や読谷村の座喜味城とともに『琉球王国のグスク及び関連遺産群』として登録されたんですね。

寒緋桜が咲いてます

今帰仁グスク桜まつり

13世紀ごろに築城されたという今帰仁城は山の斜面にあるので主郭(本丸)まではかなり登っていきます。平郎門を潜ると寒緋桜というピンク色の桜がお目見え(^^ )

今帰仁グスク桜まつり

ツツジのような鮮やかな色彩の寒緋桜。昭和40年代にこの地区に住む、今泊区民の皆さんによって植樹されたそうです。

今帰仁グスク桜まつり

2月の沖縄は気温も20℃くらいでまさに春の陽気。

ミツバチも活発に活動してました。

今帰仁城からの絶景

今帰仁城

だいぶ登って御内原(うーちばる)と呼ばれる城郭からは沖縄の素晴らしい風景が見られます!

大海原と空の青とともに手前に広がる谷には志慶真川が流れ、城郭と寒緋桜も見られました!

今帰仁城からの眺め

一番奥にある志慶真門郭(しげまじょうかく)からは今帰仁城の石垣越しに広がるマリンブルーの海が眺められました。

昔の人もこんな綺麗な風景を眺めていたんですね〜!

今帰仁グスク桜まつり

帰りの階段からの眺めも良かったですよ!

「今帰仁グスク桜まつり」期間中は18時から21時までの間、今帰仁城と桜のライトアップも楽しめるそうです。こちらもかなり幻想的なんだとか。また土日にはエイサーや琉装体験、北山王・王妃記念撮影会などもありました。

沖縄の春の訪れを知らせる寒緋桜。2月の沖縄もみどころ満載ですね(´▽`)

今帰仁城

所在地:沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地(今帰仁村グスク交流センター)
TEL:0980-56-4400
時間:通常期間(1〜4月、9〜12月)午前8時〜午後6時
夏季延長期間(5〜8月)午前8時〜午後7時
駐車場:無料(320台収容)
観覧料:大人400円、小中高生300円、小学生未満無料(許田やんばる物産センターで割引チケットが購入できます。)
今帰仁村役場公式サイト:http://www.nakijin.jp/nakijin.nsf/doc/H29sakura?OpenDocument

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ