「言葉の壁を超えたい」世界初のウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会

英語は好きだけど喋るのは苦手です、東京散歩ぽです。
今回は2017年1月31日(火)に都内で開かれた全世界初のウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会の模様をお伝えします。
これさえ持ってれば海外旅行もめちゃくちゃ楽しめそう!

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会

SPONSORED LINK


海外旅行に行った際、どうしても超えなければいけない壁はやはり言葉ですよね。
僕らも3年前にはじめてハワイに行った時はろくに英語も話せないような状態で行ったので、ほとんど「Yes」か「Thank you」しか言わなかった記憶があります(^^;)
今回、株式会社ログバーから発表された「ili(イリー)」は海外旅行向けにチューニングされた世界初のウェアラブル音声翻訳デバイスです。

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会

株式会社ログバー代表取締役CEOの吉田卓郎さんは海外に旅に出るのが大好きでした。
でもいろんなところに行くたびに毎回、言葉の壁を感じたそうです。

電子辞書を持って行って翻訳しても、結構時間がかかってしまうことは多くの人が経験があるのではないでしょうか?今はスマートフォンが普及したものの、必ずしもWiFi環境があるとは限りませんし、電波が圏外の場所では使えません。

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」は海外旅行でシンプルに旅を楽しみたいというところから、とてもシンプルな操作で外国語に翻訳してくれます。

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会

こちらが2年間の開発期間を経て完成したウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」です。

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会
実際にタッチアンドトライで触らせてもらったんですが、真っ白な筐体で丸みがあり、手のひらサイズでとても軽いです。

操作方法はとても簡単。「ili(イリー)」についている丸いメインボタンを押しながら喋ってボタンを離すと最速0.2秒で英語の音声が始まります。

タッチアンドトライで撮影した動画をご覧ください。
翻訳が自然すぎて最後は思わず英語で「Thank you」と言ってしまいました(汗)が、翻訳はとても精度が高いなと感じました。もちろん長い文章や、複雑な言い回しは間違う場合もありましたが、文章を短くして聞けば、確実に会話が成立するなと感じました。

海外での会話は言葉が解らずに間が空いてしまうほど、ツラいものはないですよね。
「ili(イリー)」ならネットに接続することもなく、ワンタッチで翻訳した音声が流れるので、その間をすぐに埋めてくれ、海外での旅行をさらに快適にしてくれそうです。

ちなみに「ili(イリー)」の名前の由来はアルファベットで表記するとまるで人と人の間に「ili(イリー)」があるような状態に見えることから名付けられたそうです。

現在のところ翻訳できるのは日本語、中国語、英語で日本語⇄英語と言った双方向翻訳はできず、日本語→英語や英語→日本語という感じで1台で1方向の翻訳をすることができます。韓国語対応は2017年の夏頃を予定していて、今後はタイ語、スペイン語も対応を予定しています。
一般向けには今年中にリリース予定とのことですが、この発表会当日から法人向けのサービス(月額3,980円/ライセンス)の申し込み受付が始まりました。

4月中旬からは海外WiFiルーターとのレンタルがスタート

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会

当初は旅行関連の法人向けサービスを進められている「ili(イリー)」。各社との取り組みとしてイオンモール株式会社、東京メトロの東京地下鉄株式会社、海外WiFiルーターを展開している株式会社ビジョンとの取り組みが発表されました。

一番身近なところだと今年4月中旬から株式会社ビジョンの海外WiFiルーター「グローバルWiFi」をレンタルすると同時に「ili(イリー)」も一緒にレンタルできるサービスがスタートする予定です。海外へ旅行する際も海外から日本へ観光に来た訪日外国人にもレンタルを予定しているそうなので、今後はこの「ili(イリー)」を持って会話する外国の人も増えそう(^^ )

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」製品発表会
「全員の海外旅行をもっと楽しいものにさせたい」と最後に語った株式会社ログバー代表取締役CEOの吉田卓郎さん。誰でも一瞬で旅行会話レベルの会話が可能になるウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」。今後、様々なシーンでこの翻訳機が普及するといいですね!

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ