【1日限定120名】迎賓館和風別館「游心亭」ガイドツアーレポ

スポンサーリンク

こんにちは!東京散歩ぽです。
赤坂離宮迎賓館の通年公開が2016年4月19日から始まりました。
1日120名限定の迎賓館和風別館「游心亭」ガイドツアーの初日に行ってきましたよ!

迎賓館赤坂離宮へ

迎賓館和風別館「游心亭」

SPONSORED LINK

2016迎賓館一般公開-日帰りツアーや日帰りバスツアーの予約ならぽけかる倶楽部

JR四谷駅から徒歩11分の迎賓館赤坂離宮にやってきました。
国賓など各国の首脳クラスの宿泊や晩餐会などが行われる国宝に指定された建築物です。
毎年、8月に無料で本館内を見ることができましたが、この日からは通年を通して行事がない日のみに限って有料で参観することができるようになりました。本館は以前にもご紹介したことがありましたよね。

迎賓館和風別館 ガイドツアー(40分)

迎賓館和風別館「游心亭」

今回は迎賓館赤坂離宮 和風別館のガイドツアーに参加してきました
内閣府のHPからインターネットで事前申し込みすると参観証のメールが送られてきます。所定の日時に迎賓館の西門から入場し、まずは入場の手続きをします。プリント印刷した参観証を持参し、運転免許証か健康保険証など公的身分証明書を提出します。 その後、空港の金属探知機のゲートと荷物検査を経て入場しますよ!

入場時には迎賓館と和風別館のパンフレットがいただけます。

和風別館の参観料は1,500円

迎賓館和風別館「游心亭」

入場手続き後、こちらで和風別館の参観料を支払います。これまで迎賓館の参観料は無料でしたが、今回から有料になりました。

IMG_5435

和風別館の参観料は大人1,500円、中高生700円です。

迎賓館主庭へ

迎賓館和風別館「游心亭」

西門から入り、迎賓館の右手を通って本館の裏側へ。

迎賓館の主庭にやってきました。

迎賓館和風別館「游心亭」

和風別館へは主庭の噴水が見える本館の南東に待ち合わせテントがあり、そこに集合します。

ガイドツアーは1日6回開催され各20名で回ります。1日限定120名のツアーの時間割は以下の通り。

  1. 10時30分
  2. 11時30分
  3. 12時30分
  4. 13時30分
  5. 14時30分
  6. 15時30分

僕らは15時30分からの最終回に参加しました。

和風別館ガイドツアースタート

IMG_9535

迎賓館の職員の方が直々にガイドしてくれますよ!和風別館へは主庭の小径から行きますよ!

迎賓館和風別館「游心亭」

職員さんが説明しながら庭を進んでいきます。こちらはエリザベス女王が植樹したイングリッシュオーク。迎賓館にはこのほかにフォード米国元大統領と旧ソ連のゴルバチョフ書記長が植樹した記念樹があります。

迎賓館和風別館「游心亭」

早くも綺麗なつつじが咲いていました(^^ )

迎賓館和風別館「游心亭」

さらに進むと見えてきました。あれが迎賓館和風別館!

迎賓館和風別館「游心亭」

迎賓館和風別館「游心亭」

こちらが迎賓館和風別館「游心亭」(ゆうしんてい)です。

迎賓館和風別館「游心亭」

ここ迎賓館和風別館は昭和49年(1974年)に迎賓館の大改修時に東宮御所や東京国立近代美術館を設計した建築家の谷口吉郎さんによって新設されました。

迎賓館和風別館「游心亭」

別館からは紅白の梅の木が配した築山があります。ここ赤坂ですよ(^^ )

迎賓館和風別館「游心亭」

こちらは宿泊施設はなく、食事会や茶会など、国賓の接遇イベントで利用されるそうです。延べ床面積は500坪、約1,700㎡にもなるとか!建物の手前には大きな池があります。

IMG_9551 copy IMG_9555 copy

和風別館前には樹齢100年にもなる黒松模様木など18鉢ほどの盆栽が飾られています。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!