8月19日に地下化の調布駅、列車接近メロディーがいきものがかりの「ありがとう」に

京王線調布駅が8月19日から地下駅として新しく生まれ変わりますが、

地下化当日から列車接近メロディーが「ゲゲゲの女房」の主題歌である、いきものがかりの「ありがとう」になるそうです!

SPONSORED LINK

調布駅周辺が地下化

「ゲゲゲの女房」といえば2010年のNHK朝の連続テレビ小説で松下奈緒さん、向井理さん主演でとても人気を博しましたよね。
舞台となった深大寺には多くの観光客が訪れています。

8月19日、調布駅を含む3駅(柴崎駅、国領駅)が地下駅に切り替わるのと同時に
調布駅の列車接近メロディーも、いきものがかりの「ありがとう」に切り替わります^^

駅で流れるメロディーは、調布市と相互友好協力協定を締結している桐朋学園大学音楽学部(調布市)の学生が演奏したメロディーを使用するそうです。

新しくなった駅の船出にぴったりのメロディーですね♪

ニュースリリース|京王グループ

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ