タコス・パエリア・ステーキ! シンコ・デ・マヨ 2016 東京のおすすめグルメ【PR】

スポンサーリンク

2016年5月3日(火・祝)から5月5日(木・祝)までのゴールデンウイークの3日間開催される、ラテン文化の祭典「シンコ・デ・マヨ 2016 東京(Cinco De Mayo 2016 Tokyo)」に来ています!

南米の美味しい料理が食べられるシンコ・デ・マヨ2016東京では17のフードブースが立ち並んでます。ということでその一部の料理をご紹介!

AVOTON/アボトン

シンコ・デ・マヨ 2016 東京

SPONSORED LINK

シンコ・デ・マヨ 2016 東京
こちらAVOTONさんではアボカドを食べて育った豚肉のステーキ(1,000円)がいただけます。

牛肉の様なすごく柔らかいステーキ!


こちらは辛口のアボトンチョリソー(600円)!

Taco Libre/タコリブレ

シンコ・デ・マヨ 2016 東京 シンコ・デ・マヨ 2016 東京

「タコリブレ」ではおなじみのタコス(600円)がお目見え!

Monster Burritos/モンスター・ブリトーズ

IMG_0793 copy シンコ・デ・マヨ 2016 東京

こちら「Monster Brritos」ではスペアリブを店先で炭火焼!

シンコ・デ・マヨ 2016 東京

こちらではワイルドなおじさんが100人分のパエリアが作れる大皿で作ってます!

シンコ・デ・マヨ 2016 東京

海老とムール貝がゴロッと入ったパエリア(600円) !

これ美味しい(^。^)

メキシカン・シーフード&グリル

シンコ・デ・マヨ 2016 東京

こちらではお肉をガシガシ焼いてます!

シンコ・デ・マヨ 2016 東京

サルサソースがかかったビーフステーキ(1,000円)をミディアムレアで(^。^)

これは大迫力!

Oasis Latino/オアシス・ラティーノ

シンコ・デ・マヨ 2016 東京
オアシス・ラティーノでは豆と肉の煮込み「フェジョアーダ」(700円)。

フェジョアーダは黒豆を3時間煮込んだ南米ではおなじみの料理。

シンコ・デ・マヨ 2016 東京
赤い帽子を被ったペルーのおじさんのお店で買えますよ!店で料理を買うときはお店の人との会話も楽しみの一つ。みなさんとてもフレンドリーでした(^^ )

お腹いっぱい!

シンコ・デ・マヨ 2016 東京(Cinco De Mayo 2016 Tokyo)
日程:2016年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)
時間:10:00~21:00
場所:東京都江東区 お台場 青海J区画(東京都江東区青海 2)

公式サイト:http://www.cincodemayo.jp/

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!