【平昌オリンピック開幕】都庁2Fで日本代表選手団公式ウェアと長野五輪20周年記念展示

SPONSORED LINK

こんにちは東京散歩ぽです!
いよいよ、4年に一度の冬の祭典「平昌オリンピック」が開幕!
2018年2月9日から25日まで、17日間の熱戦の火ぶたが切られます。

オリンピック・パラリンピックのフラッグが展示中の新宿・東京都庁2階では平昌オリンピックで日本選手団の公式ユニフォームの展示とともに今年開催20周年となる「長野オリンピック」の特別展示が実施中です。

平昌オリンピック日本代表選手団のオフィシャルスポーツウェア

平昌オリンピック開幕日となる2月9日からは日本選手団のオフィシャルスポーツウェアが展示されてます。

アウタージャケットのメインカラーは「朝日が昇る力強さ」を表現した「サンライズレッド」。背中の中心に保温性に優れた素材が入ってるいるため、とても軽くて暖かいそうですよ!

SPONSORED LINK

長野大会20周年記念展示

もうひとつの展示は今年、開催20周年を迎えた「長野オリンピック」の記念展示です。

あの長野五輪から、もう20年も経っていたんですね〜これが一番の驚き。時間が経つのが早い。

当時のオリンピックポスターやスピードスケートで金メダルと銅メダルを獲得した清水宏保さんの写真が展示されてました。長野五輪といえば、スキージャンプ男子団体の金メダルが印象深いですよね。原田選手の名ゼリフ「船木〜〜」は今でも鮮明に覚えています。

こちらには長野オリンピックゆかりの品々が展示。

長野オリンピックの大会マスコット「スノーレッツ」のぬいぐるみ。懐かしい。

右となりにいるのはもうひとつのキャラクター「パラビット」。こちらはあまり知られてないかな。

こちらは長野オリンピックの入賞者に授与された月桂冠。長野県飯田地域の伝統工芸品「飯田水引」で作られたそうです。

花の生産が盛んな長野県。入賞者には「アルストロメリア」のブーケが渡されたそうです。

平昌の次はいよいよ東京オリンピック2020!

平昌オリンピックが終わるといよいよ次のオリンピックは東京!開会式まで900日を切りました。

今回出場する、全ての国の選手がベストを尽くせるよう応援したいですね!

場所:東京都庁第一本庁舎2階中央(新宿区西新宿二丁目8番1号)
開催期間:平成30年2月6日(火)3月18日(日)まで(2月26日(月)から3月8日(木)までは、展示内容の入れ替えが行われるため展示休止)


【ASICS/アシックス】 アウタージャケット(JOCエンブレム) サンライズレッド メンズ_XA402X


【ASICS/アシックス】 バックパック(JOCエンブレム) ブラック_EB023X

Translate »