サマーナイトズー@多摩動物公園は臨場感がハンパない!

8月の土日と13日〜16日までの間、日野市にある多摩動物公園では開園時間を延長!

「サマーナイト@Tama Zoo2013」が開催中です。昨日行ってきたので雰囲気をレポート!

IMG_8861

SPONSORED LINK

夜8時までの特別開園、上野動物園でも実施中

昼間とはまた違った雰囲気があるナイトズー。東京では多摩動物公園と上野動物園で開催されています。今回は日野市の多摩動物公園にお邪魔しました。こちらは350種類の動物を飼育しているとても広大な動物園です。

上野動物園公式サイト – 東京ズーネット
上野動物園は8/10〜18まで

IMG_8834

ナイトズーの楽しみ方

多摩動物公園に着いたのは午後6時過ぎ。通常は午後5時で閉園してしまいますが、この期間は午後8時まで開園しています。(入園は午後7時まで)太陽もだいぶ傾いて緑の深い多摩動物園は次第に周りが暗くなってきました。

さて、ナイトズーを楽しむにあたって気をつけたいポイントをお知らせします。

IMG_8842

動物達は明るいうちに見よう

暗くなると動物達がとても見えにくくなります。しかもアジアゾウやアフリカゾウ、シロテナガザルなどは18時から18時半には観覧を終了してしまい、一部のエリアは17時以降閉園してしまうため、動物たちをゆっくり見たい場合は明るいうちに観賞しましょう。

IMG_8852

暗くなってからは臨場感を楽しもう

一部の室内展示(コアラ館など)を除くと暗くなった後は沿道を照らす外灯だけになります。写真を撮るにもフラッシュ撮影は禁止されているのでかなり高感度カメラでないと撮影は難しいでしょう。

ナイトズーでは動物達のいる雰囲気を楽しみましょう。特に暗くなると動物達の檻も見えづらくなり視覚的な境が無くなってきます。そんな暗闇の中、トラが豪快に吠えてたので安全とは分かっていてもちょっと襲われそうな感覚でちょっと怖かったです(^^;)

 

まさの夜のジャングルに放り出された感覚になるナイトズー。夜行性の動物達も多くいるので昼間とはまた違った動物達の一面が見られるかも知れませんよ!

多摩動物公園公式サイト – 東京ズーネット

入場料 一般:600円 65歳以上:300円 中学生:200円 小学生以下:無料

(都内在住・在学の中学生は無料です。中学生は生徒手帳をご持参ください。)

 


大きな地図で見る

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ