【国立】手作りシロップ「たいやきやゆい」のラムレーズンかき氷が美味しい

今回は国立市にある「たいやきやゆい」さんに行ってきました。

こちらは6月から10月初旬までたい焼きはお休みしてかき氷屋さんに変わります。
IMG_9911

SPONSORED LINK

夏季限定のかき氷屋さん

JR中央線国立駅から徒歩で約15分ほど、「たいやきやゆい」さんがこちらです。

オーナー夫妻は昨年まで屋台でかき氷を販売してましたが、昨年こちらに「パンとお菓子 mimosa」というパン屋さんをオープンしました。かき氷は6月〜10月初旬まで販売されています。

北欧チックな店の造りがかわいいお店。

IMG_9910

夏場はたい焼きはお休みしてかき氷専門のようです。

お昼頃、店に着くと少し並んでました。この日は秋になりかけでちょっぴり肌寒いにもかかわらず店内は盛況でしたよ!

IMG_9912

カウンター席に入るとご主人が目の前で氷をかいてました。

長時間かいてると手も冷たくなってなかなかしんどい作業なんですよね〜。

かき氷やさんもまさに一杯入魂です。

IMG_9922

店の棚には小さなパンや小物も販売してます。

上の段には今年スゴくお世話になったかき氷本「かきごおりすとV0l,1」も販売されてました。

「たいやきやゆい」さんもこの本に掲載されてます。この本に紹介されているお店はホントにすごいかき氷ばかりでした^^

IMG_9913

あずきミルク(北海道幕別町産)650円

さてオーダー。嫁さんはあずきミルク(北海道幕別町産)を頼みました。

器からはみ出るくらいのテンコ盛りの上にミルクと小豆がたっぷり乗っています(^ω^)

IMG_9914

北海道産のあずきがテッカテカ(^^ )

食べるとふっくら幸せな気分に。

IMG_9915

ラムレーズンのかき氷(650円)

僕はラムレーズンのかき氷をオーダー。アイスのラムレーズンが好きでよく食べるんですが、かき氷のラムレーズンは初めて。どんな味がするんだろう。

おぼんとスプーンもいい感じ^^ かき氷は食べてる最中で必ずこぼれてしまうのでお盆はかき氷の必須アイテムです。

IMG_9916

そそり立つラムレーズンのかき氷。

いただきま〜す!

IMG_9917

うお〜これはラムレーズンの味がしっかり出てる!レーズンの果肉の食感も分かるし、鼻から抜ける風味も一緒。それがまたかき氷とよく合う事!ラムレーズン好きにはたまらない一品(´▽`)

それもそのはず、こちらのシロップは全て手作り。練乳も自家製というのも拘りぶりなんです^^

レーズンをよう使うパン屋さんならではの発想ですよね。これはスゴい!

IMG_9919

最後には暖かいほうじ茶がもらえてホッと一息。

 

 

この夏、20杯以上のかき氷を食べたPENさん(@PEN_PEN_)のツイートには抹茶あずきのかき氷やカボチャのかき氷も乗ってました。これも美味しそう(^^ ) 他にもイチジクや洋梨のかき氷もありました。

今シーズンのかき氷は10月6日(日)まで。夏季限定のかき氷おすすめです!

関連ランキング:洋菓子(その他) | 矢川駅

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ