清澄庭園さんぽ 〜野鳥と名石の名勝〜

今回は江東区の清澄庭園をさんぽしてみました。
以前も何回かさんぽしたことはあって、とても雰囲気のいい庭園です。

SPONSORED LINK

地下鉄大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅を降りて徒歩3分
江戸時代には紀伊國屋文左衛門の屋敷があり、明治時代には
三菱財閥が買い取り、三菱社員の慰安と賓客接待を目的とした庭園
としても利用されていたそうです。

まずは入り口から入場。
一般150円とかなり良心的。
suicaやpasmoも使えましたよ!


入るとすぐ右側に小さな売店があり
鯉のえさがとして「お麩」が売っています。
実はこれが楽しみの一つ。


松や花には雪よけが施されてました。
でも東京はあまり雪が降らないので
どちらかというと雰囲気のための飾りだそうですね。



東京はカラスがほんとに多いですが
ここはバードウォッチングできるほどの野鳥のオアシス。
鴨やゆりかもめが気持ちよく
羽を休めていました!

白鷺ですね。東京でもこんな珍しい鳥が間近で見られます。


そして何と言っても
ここの池の鯉がでかい!
えさのもらい過ぎで大きいのでしょうか!?

女の子があげた麩をダイレクトイン!!

でも冬からなのか動きが鈍くて
ほとんどが鴨やゆりかもめに横取りされてました^^

清澄庭園は全国の石が集まった
石の名所でもあります。
珍しい石がたくさんありました。

家族連れの方がたくさん来られてました。
穏やかな休日を過ごすにはうってつけのスポットです。

毎週日曜日及び祝祭日にはボランティアガイドによる『庭園ガイド』も行われてます。
時間は午前11時と午後2時の2回で参加費は無料です。所要約1時間)

開園時間
午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)
※イベント開催期間及びGWなどで時間延長が
行われる場合もあります。

休園日
年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)

入園料
一般及び中学生 150円
65歳以上      70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
20名以上の団体
一般及び中学生 120円
65歳以上 50円

※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳
または療育手帳持参の方と付添の方は無料

無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

【年間パスポート】
大人     600円
65歳以上   280円

地図はこちら

大きな地図で見る


公園へ行こう! 清澄庭園(きよすみていえん)

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ