【伊豆大島】ぶらっとハウスのアイスで地元の食材を味わう

寝起きでもアイス食べれちゃう程度には甘いの大好きな宮(@PEN_PEN_)です。
伊豆大島の食材を使ったアイスが食べられるぶらっとハウスと言うお店があるので今回はこちらを紹介しますよ。結局アイス以外の物も食べちゃいましたけど(笑)

半分以上の種類に伊豆大島の食材が使われている

SPONSORED LINK

ぶらっとハウスは大島空港のすぐ近くにあります。

名前の由来は気軽にぶらっと立ち寄れるようなお店をイメージしてぶらっとハウスになったそうです。

建物もすぐ近くには牛たちがる日向ぼっこしてます。すごい癒し。
さっそくお店に入りますよ。

店内に入ると野菜や手作りお菓子などが売っています。

レジでまず先にアイスのお会計をしましょう。

ぶらっとハウスではソフトクリームも売っているんだけど今回は伊豆大島の食材をいただきたかったのでアイスを頼みました。シングルとダブルがあるけどもちろんダブルで!!(о´∀`о)

そして隣のアイスコーナーに移動してアイスを選びます。
アイスの種類は10種類以上あったと思うけど紫芋、安納芋の焼き芋、あしたば、いちご、島の塩、パッションフルーツなどがあり、半分以上が伊豆大島の食材を使ったものでした。
しかもパッションフルーツに関しては種アリと種ナシの2種類がありましたよ!

で、頼んだのは島の塩パッションフルーツ。上が島の塩で下の黒い粒が見えるのはパッションフルーツです。

せっかくなのでパッションフルーツは種アリにしましたよ。と言うかそもそもパッションフルーツが伊豆大島で採れる事に衝撃を受けましたけどね。

島の塩はしょっぱい感じではなくほんのり塩気を感じるあっさりサッパリ系でした。甘いの苦手な人も食べやすいと思います。

下にあるパッションフルーツはアイス自体の甘さを感じつつも南国のフルーツ感満載でパッションフルーツの酸味も楽しめました。

そしてパッションフルーツは種アリにしたのが大正解。

噛むとプチッ!ってすごい音がして食感がいいんです。みなさんもパッションフルーツ食べるならぜひ種アリをお試しください。

今回食べたアイスはどちらもサッパリした味だったけど甘いのが食べたい人は安納芋の焼き芋アイスとかも良さそうですね。”安納芋”じゃなくて敢えて”安納芋の焼き芋”にしたあたりにすごい甘さを感じます(笑)

隠れキャラの安納芋の焼き芋

隠れキャラとか言いながら入口に大きく旗が出てるんですけどね。
帰り際に迷った挙句買っちゃいました。

普通に新聞に包まれて渡されたけどこれ安納芋です。

別に軟骨成分とか入ってません。

主役登場。
これを手で割ると・・・

美味しいやーつ。
でも安納芋が柔らかくて割りにくかった(笑)
味はもちろん安納芋らしくしっとりとしてて甘くて美味しかったですよ。
しかもこれ量り売りなんですけど100グラムあたり100円なんですよ。安納芋でこの価格は安い!!
焼き芋好きは食べるしかない!!

地元で採れた食材を堪能しよう

旅先の名産品や地元で採れた食材を楽しむのは遠出した時の醍醐味だと思います。
牛たちが日向ぼっこしているこんなのんびりした雰囲気の中で地元食材を使ったアイスを食べてみませんか?

ぶらっとハウス

所在地:東京都大島町岡田新開87
営業時間:9時00分~16時00分(年末年始休)

SPONSORED LINK