7月23日からSuicaのAndroid対応 

JR東日本は7月23日より、Androidスマートフォン向けにモバイルSuicaサービスの提供を開始する。
対応機種は6月末に公表される予定だそうです。

JR東日本は5月23日、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォン向けのモバイルSuicaのサービス提供を、7月23日から開始すると発表ししました。
対応機種については6月末に公表される予定。

NTTドコモは7月23日4時から、auは同日の12時から、
ソフトバンクモバイルとディズニーモバイルは同日の16時からモバイルSuicaが使えるようになる。
モバイルSuicaによるエクスプレス予約(EX-ICサービス、JR東海が提供)も同日に開始します。

サービス内容としては、フィーチャーフォン向けのモバイルSuicaサービスと同様、
電子マネーの入金(チャージ)、履歴表示や定期券、モバイルSuica特急券、Suicaグリーン券、
ネット決済、オートチャージ機能(ビューカードユーザーのみ)に加え、
Androidスマートフォン向けの機能として、従来よりも簡単な操作で入金が可能な
「クイックチャージ」と、「ウィジェットによる残高確認」を追加提供します。

Androidスマートフォン版モバイルSuicaのアプリ画面(左)とウィジェット(右)。
ウィジェットのスイカを指でなぞると、アプリを起動せずに残高確認ができるそうです!

東京散歩には必須のモバスイがいよいよスマートフォンにも登場ですね!

モバイルSuica
東日本旅客鉄道株式会社
価格:無料  平均評価:4.2(2,355)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »