読売新聞VS朝日新聞 リアル「美味しんぼ」対決が実現します

一番好きな「美味しんぼ」エピソードは第11巻の「トンカツ慕情」。東京散歩ぽ(@tokyosanpopo)です(^^ )

なんと読売新聞と朝日新聞が究極と至高のメニューで対決!リアル「美味しんぼ」対決が実現するそうです!

o065003001053697_650

SPONSORED LINK

岩手、長野、福岡の3本勝負!

「美味しんぼ」といえば週刊ビックコミッックスピリッツで1983年から連載が開始され、現在までコミック110巻まで数えるグルメブームの火付け役的なマンガ。僕も中学生頃から読み出し一時は全巻集めてたほど熱心に読んでいたマンガです。

その中で主人公の山岡士郎率いる東西新聞と士郎の父で美食家の海原雄山率いる帝都新聞が紙面上で料理対決をする「究極と至高のメニュー」対決がこの物語の縦軸として進んで行きます。

今回、朝日新聞と読売新聞が三つの県をテーマに3本勝負するというリアル「美味しんぼ」対決に開催が発表されました!3つの会場で実際に食べくらべ試食イベントに参加できますよ!

岩手県 わかめ料理

生産量・消費量日本トップクラス!東北の地で挑む究極と至高のわかめ料理

11/4(月・祝) 会場:イオンモール盛岡

長野県

長寿 No1の秘訣は食事にあった!究極と至高の長生き料理

11/9(土) 会場:イオンモール佐久平

福岡県

料理の可能性は無限大!低カロリーで栄養豊富な究極と至高の鶏料理

11/3(日) 会場:イオンモール福岡

対決ルールは各会場のイベントで試食した人が優れている料理に投票。多く得票得た料理に1票が入り、最終審査会(東京)へ、著名人による3票を入れた計4票で各県のテーマごとに勝敗を決します。

特に長野の長生き料理はどんな料理が出るのか楽しみですね。是非、シリーズ化して日本全国でやって欲しいです!

リアル美味しんぼ 朝日新聞VS読売新聞 究極と至高の対決

おすすめの関連記事

「魯山人納豆鉢」で究極の納豆を練り上げてみた

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ