【8/3,4開催】江戸東京たてもの園下町夕涼みで昭和の夏祭り

小金井市にある江戸東京たてもの園の夏の名物企画「夜間特別開園 下町夕涼み」が今年も8月3日(土)、4日(日)に開催されます。

昭和の町並みで古き良き東京の夏祭りを満喫できますよ!

RIMG0381

SPONSORED LINK

昭和30年代の夏祭り

江戸東京たてもの園は江戸時代から昭和にかけての歴史的な建築物を移築している野外博物館です。スタジオジブリの宮崎駿監督がここの町並みをモデルに「千と千尋の神隠し」を描いたといいます。

ここには30棟の古い建築物が並んで建っていて、写真の東ゾーンはさながら映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の舞台に入り込んだかの様。

本来この時期は午後5時半で閉園してしまうのですが、こちらのイベント「下町夕涼み」の時だけは午後8時半まで開園時間が延長されます。(入園は午後8時まで)

盆踊りや屋台、金魚すくいなどの露店もあって、昭和の下町情緒あふれる夏祭りを楽しむ事が出来ます^^
こちらは昨年行った際のエントリー。台東区下谷の言問通りにあった居酒屋「鍵屋」さんでは入れ替え制で実際にお酒を飲む事も出来ますよ!

日本の夏祭り 江戸東京たてもの園「下町夕涼み」に行ってきました | 東京散歩ぽ

浴衣を着ていけば、入場料は2割引になります。(一般通常400円が320円)
夕暮れ時のマジックアワーの空の青と、お祭りの提灯の赤がとてもノスタルジックでいい雰囲気でした。かなりおすすめです^^

江戸東京たてもの園


大きな地図で見る

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京散歩ぽ@中川マナブ

    地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ