あの名画がデジタル化されてリニューアル「新・午前十時の映画祭」

あの名画が再び映画館で見られる!
2010年から毎年開催されていた「午前十時の映画祭」がリニューアル!デジタル化されて来年4月からは「新・午前十時の映画祭」が始まりますよ!

第三回 午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本

SPONSORED LINK

今年度で終了するはずだった

「午前十時の映画祭」は映画史上に残る数々の映画作品を上映してきた映画祭です。全国42の劇場で午前十時からの上映にも関わらず、累計興行15億円を突破する人気企画でした。

劇場のデジタル化が進む昨今、フィルムで上映していた「午前十時の映画祭」は今年度をもって終了する予定でした。しかし多くの映画ファンから継続してほしいという要望があり、映画祭が来年も継続されるようになりました^^

ブルーレイを凌ぐハイ・クオリティーのデジタル上映

そして今回からブルーレイを凌ぐハイ・クオリティーのデジタル上映を可能にした「デジタル シネマ パッケージ」(DCP)で上映されるということであの名画を再び綺麗な画質で見ることが出来ますね!

今回の上映作品(年代順)
<新規上映作品14本>
●慕 情(1955)
●リオ・ブラボー(1959)
●サイコ(1960)
●メリー・ポピンズ(1964)
●冒険者たち(1967)
●燃えよドラゴン(1973)
●ジャッカルの日(1973)
●タワーリング・インフェルノ(1974)
●カッコーの巣の上で(1975)
●ロッキー(1976)
●炎のランナー(1981)
●レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)
●プリティ・ウーマン(1990)
●フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
<リピート上映作品11本>
●風と共に去りぬ(1939)
●カサブランカ(1942)
●ローマの休日(1953)
●ベン・ハー(1959)
●ウエスト・サイド物語(1961)
●アラビアのロレンス(1962)
●大脱走(1963)
●2001年宇宙の旅(1968)
●ゴッドファーザー(1972)
●ゴッドファーザーPart II(1974)
●ニュー・シネマ・パラダイス(1989)

ここからは東京散歩ぽ、おすすめの映画をご紹介^^

言わずと知れた、オードリー・ヘップバーン主演、ウィリアム・ワイラー監督作品。

見れば誰しもオードリーに恋してしまう^^真実の口のシーンは、グレゴリー・ペックが本当に手を噛みちぎられたように演じて、当時新人のオードリーは素のリアクションを見せたのだとか^^永遠の名作です。

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ