【サイクルモード2017レポ】 来年は電動アシストスポーツ自転車元年!? 注目のeバイクを試乗してきた【PR】 #サイクルモード

BeSV「TRS1」

SPONSORED LINK

こんにちは、東京散歩ぽです!
2017年11月3日(金)~11月5日(日)の3日間、幕張メッセで開催された日本最大のスポーツバイクイベント「サイクルモード」を取材して来ました。
今回はeバイク(電動アシストスポーツ自転車)を中心にお伝えします!

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

日本最大のスポーツバイクイベント「サイクルモード」

幕張メッセで開催された「CYCLE MODE International 2017」(以下:サイクルモード)にやってきました。今年で13年目を迎えるサイクルモードは昨年27,000人以上が来場した日本最大級のスポーツ自転車フェスです。

展示ではロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなどの自転車メーカーはもちろん、パーツや周辺機器、ヘルメットやウェアのプロダクトメーカーをはじめ、自転車旅を推奨する地域自治体など、自転車に関連する多くのブースが出展しました。

注目は電動アシストスポーツ自転車(eバイク)

その中でも大きな注目を集めてたのは、近年欧米で盛り上がりを見せている「eバイク」と呼ばれる「電動アシストスポーツ自転車」のブースでした。来年、日本は電動アシストスポーツ自転車元年になるのではないかと言われる程、今、注目度が高まっている「eバイク」を試乗してきましたよ!

試乗できるサイクルモード

総展示台数が1,000台以上にもなるサイクルモードでは、その多くの自転車を試乗することができます!

会場内と会場の外の一部には試乗できる専用コースが設置されていて、来場者の多く方が気になる自転車を試乗していました。

試乗前のレッスンコーナーも

試乗前のレッスンコーナーも

こちらはビギナー向けに試乗前のレッスンコーナーも開催されてました。スポーツバイクが初めてなんて方でも安心ですね!

試乗するには試乗誓約書を記入し「試乗パス」をもらう必要がありますが、事前にプリントアウトしておけば、時間も短縮できました。腕に試乗パスをつけたら早速、気になる自転車を乗ってみましょう!

SPONSORED LINK

電動アシストマウンテンバイク BESV「TRS1」を試乗

BeSV「TRS1」を試乗

BESV「TRS1」を試乗

まずはヨーロッパで高い評価を得ている電動アシストバイクメーカーのBESV(ベスビー)が2018年3月に発売を予定しているマウンテンバイクタイプのeバイク「TRS1」(462,000円(税抜))を試乗しました。

乗車時にメーカーのスタッフさんから、使用方法について詳しく説明してもらいますよ!ヘルメットは試乗時に無料で貸してくれました!

シマノSTEPS

BESV(ベスビー)の「TRS1」シマノの電動アシストユニット「STEPS(日本向け仕様)」を搭載していて、ハンドルに付いている上下のスイッチを押せば「OFF → ECO → NORMAL → HIGH」と3段階のアシストモードを切り替えることができます。モード表示はハンドル中央のディスプレイで確認できますよ!

各モードでの残り走行距離

さらに「走行時間 → 平均速度 → 最高速度 → ケイデンス(1分間のクランク回転数)→ 走行距離」も表示され、各モードでの残り走行距離も表示させることができます。

この日はイベント2日目だったため、ご覧の走行距離でしたが、MAX充電時ならECOモードで最高140kmも走行することができるそうです!

東京散歩ぽさん(@tokyosanpopo)がシェアした投稿 – ↑BESV「TRS1」を試乗している時の動画がこちら!

試乗コースには登り坂があり、坂の直前でアシストモードを「HIGH」に変えると、ペダルにそれほど力を入れなくてもグイグイと登ってくれます。これは気持ちいい(^^ )

僕はこれまでも電動アシスト付き自転車は何回か乗ったことがあるのですが、一番自然にペダルを踏み込めた感じがしました。平坦な道は「ノーマルモード」か「ECOモード」にしておけば、電池を余計に消費することもないですね。

マウンテンバイクタイプなので、サスペンションがよく効いていて、オフロードだけでなく街乗りでも大活躍しそうなBESV「TRS1」でした。

ミズタニ自転車 Seraph(セラフ)「E-01S」を試乗

MIZUTANI Seraph「E-01S」

ミズタニ自転車 Seraph「E-01S」を試乗

続いては国産メーカー、ミズタニ自転車が2018年春に販売を予定しているSeraph(セラフ)「E-01S」(380,000円(税別))を試乗します!

真っ白なロードバイク型の電動アシスト自転車!

MIZUTANI Seraph「E-01S」

Seraph(セラフ)「E-01S」のフレームは軽くて丈夫なアルミ製。前輪を支えるフロントフォークは軽くて振動吸収性の高いカーボンを使用していて、重量は17.5kgと電動アシスト付き自転車としてはかなり軽くなってます!

MIZUTANI Seraph「E-01S」

Seraph(セラフ)「E-01S」を試乗してみました。

ロードバイク型なのでスピードが出やすく「HIGHモード」では心地よい加速が体感できました。ディスプレイに現在の走行速度が表示されるのがいいですね。乗り心地も良くて長時間のサイクリングでも疲れにくそう!

この「E-01S」にもシマノの電動アシストユニット「STEPS(日本向け仕様)」が搭載されています。

シマノの電動アシストユニット「STEPS(日本向け仕様)」

シマノのブース

今回のイベントでも最大級の広さのブースを出展してたのが、自転車を構成するパーツを手がけるシマノ(SHIMANO)です。

シマノSTEPS

シマノSTEPS(日本向け仕様)

先ほど試乗したBESVの「TRS1」ミズタニ自転車のSeraph(セラフ)「E-01S」に搭載されていたのが、こちらのシマノの電動アシストユニット「STEPS(日本向け仕様)」です。

STEPS(日本向け仕様)」は動力となるドライブユニット(モーター)、電源となるバッテリー、ハンドルに装着するコントロールスイッチと表示用のディスプレイ、ブレーキ、チェーンなどのパーツの総称になります。

ヨーロッパでは、すでにシマノの「STEPS」が搭載されたeバイクが認知されてますが、日本では道交法の関係で販売されていませんでした。来年、日本向けに開発されたシマノの「STEPS」が日本のeバイク市場に参入することで、大きな盛り上がりを見せようとしています。

ミヤタ・CRUISE

ミヤタサイクル・CRUISE

こちらはミヤタサイクルの「CRUISE」(269,000円(税抜))。「STEPS(日本向け仕様)」が搭載された機種としては一番早い2018年2月1日に販売を予定しています。

シマノのブースは大盛況!自転車のパーツだけでなく、世界のプロライダーが着用するウェアやフットウェア「S-PHYRE」など、シマノは多岐に渡ったプロダクトを生み出しているんですね!

この日はシマノの「STEPS(日本向け仕様)」搭載バイクの他にも2台のeバイクを試乗しました。

僕が住んでいる多摩エリアはアップダウンが多く、ロードバイクのトレーニングに訪れる方が多い地域です。電動アシスト付き自転車というと、これまでは一般的な自転車(シティサイクル)というイメージがありましたが、電動アシストユニットが進化し、ロードバイクやマウンテンバイクといったスポーツバイクに搭載されたことで、今後、普段乗りや通勤以外にもサイクリングの新たな楽しみ方の幅が広がるのではないかなと感じました。

サイクルモード

今回、はじめて「サイクルモード」を取材しましたが、最新の自転車が展示されているだけでなく、実際に試乗することができるのですごく楽しめました!乗るとやっぱり欲しくなりますね(^^ )

また、全国各地でロードレース大会が開かれていて、ビギナーでも気軽に参加できることを知れて、とても興味深かったです。

日本最大のスポーツバイクイベント「サイクルモード」は来年(2018年3月3日(土)~4日(日)まで)、大阪・万博公園で開催されます。気になる方は、是非行ってみてくださいね!

Sponsored by シマノ

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ