【10/22】薩長土肥ウオーク in TOKYOが開催!明治維新ゆかりの地を歩いて航空券や宿泊券を当てよう

薩長土肥ウオークinTOKYO

SPONSORED LINK

明治維新150年に向けた広域観光プロジェクト「平成の薩長土肥連合」の取組の一環として、東京都内の4県(鹿児島県・山口県・高知県・佐賀県)ゆかりの地を巡る「薩長土肥ウオークin TOKYO」が2017年10月22日(日)に明治維新150年プレイベントとして開催。10月9日まで参加者を募集しています!

平成の薩長土肥連合とは明治維新150年を迎えるに当たり、かつて「薩長土肥」と呼ばれた、現在の鹿児島県・山口県・高知県・佐賀県の行政及び観光連盟・コンベンション協会が共同で「平成の薩長土肥連合」を結成し、幕末維新をテーマとした広域観光プロジェクトを推進しています。

薩長土肥ウオークin TOKYO」は早稲田大学 大隈記念講堂をスタートし、世田谷松陰神社、靖国神社 大村益次郎銅像、旧新橋停車場、皇典講究所など東京都内にある薩長土肥ゆかりの地16ヶ所の中から、5ヶ所を選んでウオーキングするというイベント。

各地点ではスタンプを用意しており、スマートフォン用アプリ「iStamp」を活用し、スタンプラリー形式でゴール(早稲田大学)を目指します。

ゴール後には認定証とバッジが進呈。ANAの航空券や宿泊券など豪華商品が当たる抽選会に参加できますよ!

スタンプポイント

①早稲田大学 大隈記念講堂
②上野公園 西郷隆盛像
③皇典講究所
④靖国神社 大村益次郎銅像
⑤東京駅丸の内駅舎 天井レリーフ
⑥桜田門
⑦三菱一号館美術館
⑧千葉定吉道場跡
⑨浜川砲台(新浜川公園)
⑩北浜川児童遊園 二十歳の龍馬像
⑪旧新橋停車場
⑫渋谷区薩摩藩下屋敷跡
⑬鍋島松濤公園
⑭松陰神社
⑮江戸城無血開城会談の地
⑯台場公園砲台跡

■5ヶ所のポイント 電車を使った初心者コース例(約8km)
早稲田大学 大隈記念講堂(スタート)→ 皇典講究所跡 → 桜田門 → 三菱一号館美術館 →東京駅丸の内駅舎 天井レリーフ → 大手町駅(地下鉄利用)~~~ 早稲田駅 →早稲田大学  大隈記念講堂(ゴール)

■8ヶ所のポイント モデルコース例(約16km)
早稲田大学 大隈記念講堂(スタート)→ 皇典講究所跡 → 靖国神社 大村益次郎銅像 → 上野公園 西郷隆盛像 → 東京駅丸の内駅舎 天井レリーフ → 三菱一号館美術館 → 千葉定吉道場跡 → 桜田門 → 早稲田大学 大隈記念講堂(ゴール)

参加特典

  • 5つのチェックポイントをまわりゴールすると認定証・バッジを進呈

ゴール地点でアンケートに答えると空クジなしの抽選会に参加

  • ANA往復航空券3名さま(羽田空港-4県(鹿児島県・山口県・高知県・佐賀県)のうちいずれか1空港)
  • 指宿シーサイドホテル一泊二食ペア宿泊券1組
  • 鹿児島サンロイヤル一泊朝食付きペア宿泊券1組
  • ホテル霧島キャッスルペア宿泊券
  • ホテル西長門リゾート一泊二食ペア宿泊券1組
  • 源泉の宿 荻本陣 一泊二食ペア宿泊券1組
  • COCOLAND山口・宇部 一泊二食ペア宿泊券1組
  • 海峡ビューしものせき 一泊二食ペア宿泊券1組
  • とらふくさし(一万円相当)1名さま
  • 佐賀海苔有明一番
  • 長島海峡ボンタンぶり(1フィレ)
  • 佐賀牛(一万円相当)
  • 黒豚しゃぶしゃぶセット(1万円相当)
  • その他多数商品あり

ゴール後は早稲田講堂内の大礼服姿の初代大隈重信像が見られるそうですよ!
150年前に明治維新に思いを馳せて歩いてみるのはいかがでしょう!

薩長土肥ウオーク in TOKYO 大会概要

開催日:2017年10月22日(日) ※雨天決行
受付:8:45~9:30
出発式:9:45
スタート:10:00
ゴール:15:30(イベント終了 16:00)
出発・ゴール場所/早稲田大学 大隈記念講堂(新宿区戸塚町1-104)
募集定員:1,000名(先着順)
参加費:1,000円(税込)※別途、所定のエントリー手数料がかかります
募集締切:2017年10月9日(月) ※入金確認をもって申込受付完了
申込方法:公式ホームページ(https://scdh-walk.com)から事前申し込み
画像引用:プレスリリース

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ