【京橋かき氷コレクション】で美味しい「おうちかき氷」の秘訣を聞いてきた

京橋かき氷コレクション

SPONSORED LINK

かき氷大好きな東京散歩ぽです!
2012年からスタートした「東京かき氷コレクション(通称:かきコレ)」はこれまで何回か参加してこのブログでもお伝えしてきました。今回は明治屋さんとの番外編イベントとして、京橋にある明治屋本店の明治屋ホールで行われた「京橋かき氷コレクション」を取材してきましたので、その模様をお伝えします!

京橋かき氷コレクション

京橋かき氷コレクション

かきコレは毎回、チケットが売り出されると同時に売り切れてしまうという人気イベント。
この日のチケットもすぐに完売したそうです。

日本かき氷協会代表 小池隆介さん

日本かき氷協会代表 小池隆介さん

かき氷コレクションを主催する日本かき氷協会代表の小池隆介さんは、車で日本全国の周り、美味しいかき氷を食べ歩いている「かきごおりすと」の第一人者。

小池さんは「かきコレは”美味しいかき氷を知ってほしい”と”かき氷の情報共有”することがきっかけでスタートしました。今日はゆったりかき氷を楽しんでいただいきたい。」と挨拶しました。

全国氷雪販売生活衛生同業組合連合会の町田 和之さん

全国氷雪販売生活衛生同業組合連合会の町田和之さん

この日のイベントのテーマは「自分史上最高のおうちかき氷を探求する」と題しして家庭でも美味しく作れるかき氷の秘訣を教えてもらいました。

全国氷雪販売生活衛生同業組合連合会の町田和之さんはおうちでかき氷を食べる際の秘訣を聞かれると「かき氷機の刃が重要。氷屋の純氷を使ってもらって、氷は結晶が成長する方向に削ると滑らかなかき氷が出来上がります。」と氷の削り方が重要性を語りました。

また家で氷を作る場合は必ず煮沸をして、カルキやミネラル分を飛ばし出来るだけ硬度の低い軟水の状態にして、高い温度で時間をかけて氷を凍らせることで不純物が少ない綺麗な氷が作れるそうです。

昔は都内で2000軒もあった氷屋さんは現在では100軒ほどになってしまったそうです。そのほとんどは飲食店に卸しているそうですが、一般でも小売販売してくれるそうです。

クラフトカフェ

クラフトカフェ 竹内さん

クラフトカフェ竹内さん

続いて、この日参戦した埼玉県さいたま市にある「クラフトカフェ」さんは本業は陶芸教室をしているそうで1階でカフェを運営。コーヒーやかき氷などがいただけます。

オーナーの竹内さんは「埼玉県の食材を使った手作りのシロップが中心。コーヒー味のかき氷は店がスタートしてからずっとやってます。」とお店の特徴を紹介しました。

おうちかき氷は子供さんとよく作っているそうで、おすすめは季節のフルーツにちょっと砂糖を加え、電子レンジで少し温めると、即席のジャムのようなフルーツシロップが出来るとか!これは是非試してみたいですね(^^ )

京橋かき氷コレクション

この日クラフトカフェさんで出品したかき氷はこちら。

  • ラムレーズン珈琲(無料)
  • パクチー(有料)
  • 完熟梅と越生梅林大吟醸の酒粕(有料)
ラムレーズン珈琲

ラムレーズン珈琲

アイスクリームではおなじみのラムレーズン。コーヒーシロップとも相性が良く、ラムの香りが楽しめる少し大人向きのかき氷。

完熟梅と越生梅林大吟醸の酒粕

完熟梅と越生梅林大吟醸の酒粕

埼玉県越生町にある佐藤酒造さんの大吟醸「越生梅林」の酒粕を使った「完熟梅と越生梅林大吟醸の酒粕」は今回限定のシロップ。

大吟醸の芳醇な香りと完熟梅のシロップの甘酸っぱさが相まってこちらも美味しい(^^ )

パクチー

パクチー

この日、一番インパクトのあった「パクチー」はパクチー全開のかき氷!レモンをベースに作ったというパクチーシロップは一口食べるとパクチーの独特な風味が口の中の広がります!

上にはパクチーの葉といちごに練乳がトッピングされているという、なんともチャレンジングなかき氷。パクチー好きな僕でも思わずのけぞるくらい刺激的なかき氷でした(^^ )

沖縄かんな

沖縄かんな

沖縄かんな田中さん

もともとは祐天寺で和食屋さんと和カフェをやってた三宿にある「和kitchenかんな」さんは今では夏頃になると最大6時間待ちにもなるという大人気かき氷店。今回参戦した「沖縄かんな」さんは先月沖縄・北谷町に新オープンした2号店です。

そんな沖縄かんなの田中さんがおすすめするおうちかき氷は牛乳と練乳を1:1の割合で混ぜて作るミルクシロップ!これなら簡単にいちごミルクが作れそうですね(^^ )

京橋かき氷コレクション

この日、沖縄かんなさんが出品したかき氷はこちら。

  • アセロラレアチーズ(無料)
  • パッションマンゴー(有料)
  • ドラゴンバナナ(有料)
アセロラレアチーズ

アセロラレアチーズ

アセロラレアチーズは淡いピンクのアセロラレアチーズシロップをふんだんにかけた一品。結構酸っぱいのかな?と思いきやそんなことはなく、逆に果実の甘味をレアチーズのクリーミーな酸味がカバーします。ふわふわな氷をやさしく形作っているので型崩れもせず、最後まで美味しくいただきました。

パッションマンゴー

パッションマンゴー

パッションマンゴーは沖縄らしいトロピカルなパッションフルーツとマンゴーを使ったシロップがかけられています。強めの酸味で口の中はすっきり爽やか。

暑い夏の沖縄で食べたら、さらに美味しいんだろうな(^^ )

ドラゴンバナナ

ドラゴンバナナ

個人的に一番好きだったのは「ドラゴンバナナ」。ドラゴンフルーツとバナナで作ったシロップはワインレッドのような紫色。見た目とは裏腹にしっかりバナナ味のシロップがかき氷とマッチして一気に完食していまいました。

明治屋マイシロップパウチ味わうシリーズ

明治屋マイシロップシリーズ

イベントでは5月に明治屋さんから新発売された「マイシロップパウチ味わうシリーズ」の試食会も実施されました。88年前の昭和4年から昔ながらのかき氷シロップを販売する明治屋さんが満を持して発売した新商品です。(内容量は150g、かき氷4〜6杯分)

  • とちおとめを味わう(302円税込)
  • 日本のメロンを味わう(302円税込)
  • 宇治抹茶を味わう(302円税込)
  • 九州のゆずを味わう(302円税込)
明治屋マイシロップ

明治屋マイシロップパウチ味わいシリーズの合いがけ(左が九州のゆずを味わう、右がとちおとめ)

試食では「九州のゆずを味わう」と「とちおとめ」の合いがけをいただいたんですが、濃厚な味わいでどちらもこれまでの市販のシロップより数段階グレードアップしてました。とちおとめは果肉も入っているのでかき氷の有名店のような味わいが家庭でも簡単に楽しめます、イベントで教えてもらったおうちかき氷の秘訣とともに食べるのも良さそうですね!

夏を間近に控えて、いよいよかき氷シーズンが到来!美味しいかき氷店が増える中、いよいよおうちでも美味しいかき氷が食べれられる時代がやって来そうですね(^^ )

かきコレ関連記事

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ