【まんぱく2017】当日券は事前にセブン-イレブンでゲットするのが吉!電子マネーのチャージも!

まんパク2017入場券前売り券

SPONSORED LINK


こんにちは、東京散歩ぽです!
今回で6回目を迎える、日本最大級の食フェス「まんパク2017」が2017年5月18日(木)から6月5日(月)の19日間、立川市の国営昭和記念公園みどりの文化ゾーンで開かれます。今回、初日に行ってきました。

当日券売り場はかなり並びます

まんパク2017入場券前売り券

平日でしたが、初日ということもあり当日券売り場はかなり並んでました。

土日の開催日はもっと並びそうですよね。入場するだけでも時間がかかりそう。。

セブン-イレブンのマルチコピー機で事前に当日券を購入しとこう!

まんパク2017入場券前売り券

なので、事前にセブン-イレブン内のマルチコピー機で当日券を発券しとくのをオススメします。

まずはマルチコピー機の「チケット」をタップ。

まんパク2017入場券前売り券

↑続いて「チケットぴあ」をタップします。

まんパク2017入場券前売り券

↑次にこちらの画面で「Pコードで探す」をタップします。

まんパク2017入場券前売り券

↑Pコードは平日入場券が「990-945」土日入場券が「990-946」と入力してします。

まんパク2017入場券前売り券

↑券種は「まんパク」のみの入場券と昭和記念公園にも入場できる「まんパク&昭和記念公園券」の2種類があります。ちなみに中学生以下は入場無料、5月21日(日)は国営昭和記念公園の無料入園日のため、その日はまんパク入場券だけで良さそう。

 当日券(1名) 平日 土日
まんパク入場券 500円 800円 
まんパク&昭和記念公園券 700円 1,000円

※前売券はすでに販売終了。

まんパク2017入場券前売り券

↑ぴあ会員以外は上の「一般」をタップして「氏名」と「電話番号」を入力します。

まんパク2017入場券前売り券

↑セブン-イレブンの電子マネー「nanaco」、またはクレジットカードでも支払えます。

まんパク2017入場券前売り券

↑最後に「申込」をタップすれば、

まんパク2017入場券前売り券

↑チケット発券サービス払込票が出てきます。

これを持ってレジで支払えば、

まんパク2017入場券前売り券

↑およそ3分ほどで当日券ゲット!これですんなり入場口から入れますよ!

早速、まんパクを楽しみましょう!

日本各地の名物グルメを堪能!

とろサーモンといくらの親子丼

昨年のグルメランキング1位の札幌九兵衛「とろサーモンといくらの親子丼」

お肉・海鮮・餃子・ラーメン・スイーツ・揚げ物などなど、日本中の美味いものばかりがここ昭和記念公園に大集合してますよ!美味しすぎてお腹がいくつあっても足らないヽ(´ー`)ノ

nanacoや楽天Edy、交通系の電子マネーで支払えます

まんパク2017交通系ICカード

「まんぱく」では現金の他にnanacoや楽天Edy、Suicaなどの交通系ICカードで支払うことができます。(※一部店舗を除く)

会場内ではチャージができないので、事前にコンビニや、駅などでチャージしとくのがいいですね。※対応電子マネーは、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASMO、Kitaka、ITOCA、SUGOCA、 TOICA、ICOCA、manaca、nimoca、はやかけん。

事前に予算を決めてチャージしておけば、それ以上使うことはできないのでいいかも。現金はいくら使ったか、わからなくなっちゃうんですよね(^^;)

まんパク2017入場券前売り券

はじめて「まんパク」を取材したんですが、広大な昭和記念公園の敷地を生かして、座席数も多くてゆっくりと日本各地のグルメを楽しめそうでした!今年の人気グルメランキング1位はどのお店のどんな料理に輝くんでしょうかね!

まんぱく2017

開催日程:2017年5月18日(木)~6月5日(月) (計19日間)
会場:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン (東京都立川市緑町3173)
アクセス:JR中央線 立川駅北口より徒歩10分/多摩モノレール 立川北駅より徒歩8分
開催時間:開場10:30 閉場(販売終了)21:00(各日とも予定)
※最終日6月5日(月)は閉場18:00。
公式サイト:http://manpaku.jp/201705/

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ