【6ヶ月待ち必至】ANA機体工場見学ツアーに参加してジェット機を見てきたよ!

スポンサーリンク

飛行機大好きです東京散歩ぽです!
羽田空港近くにある人気のANA機体工場見学に行ってきました。
格納庫の見学はANAの旅客機がすぐ近くで見ることができますよ!

新整備場駅から徒歩15分のANAのメンテナンスビルへ

IMG_7239

SPONSORED LINK

予約すれば小学生以上なら無料で見ることができるANAの機体工場見学。予約方法は最後にお伝えするとして、まずは工場見学の様子をお伝えしたいと思います。

今回は東京モノレールの新整備場駅から徒歩15分ほど、集合場所となるANAメンテナンスセンターの隣のANAコンポーネントメンテナンスビルにやってきました。入り口では工場見学の許可証のメールをプリントして入り口から入りますよ!ドキドキ!

ANA機体工場見学

工場見学の受付を済ませるとANA機体工場見学のパンフレットとネックストラップをもらえます。

ANA機体工場見学

時間まではこちらで玄関ロビーで待ちます。

ANA機体工場見学 ANA機体工場見学

こちらにはANAのキーホルダーやマグカップなどのグッズを販売する売店や、

ANA機体工場見学

航空機のシュミレーターなどが設置してあります。あとでお土産見てみよう(^^ )

ANA機体工場見学

エンジンやANA旅客機の模型なども展示されてました。

ANA機体工場見学

おなじみの顔出しパネルや(^^ )

ANA機体工場見学

ANAカラーのガンダムの模型なんかもあったりして!かっこいいなあ。

あ、そろそろ工場見学が始まるみたいですよ!

まずは整備についてのビデオ鑑賞

ANA機体工場見学

玄関ロビーからすぐのホールに入り、まずはここで機体整備についてのビデオを鑑賞します。ANAはSKYTRAXが運営するエアライン・スター・ランキングで2013年から4年連続、世界最高評価となる「5スター」を日本で唯一獲得した航空会社です。

ビデオ鑑賞(約20分)では安全運航を支える5つの整備部門、ドック整備、ライン整備、エンジン整備、装備品整備、整備サポートについて深く知ることができました。

ANA機体工場見学

この日はおまけとしてANAの整備員のレゴがいただけました。こりゃかわいい^^

ANA機体工場見学

ホールにはANAの機体の模型やタイヤの断面模型などの展示がありました。ビデオを鑑賞した後はトイレ休憩を経て、いよいよ機体工場の見学に出発しますよ!

ここからは10名ほどのグループに分かれて機体工場のあるANAメンテナンスセンターに移動します。ヘルメットをしっかりかぶっていざ出発!

ANAメンテナンスセンターへ!

ANA機体工場見学

ANAコンポーネントビルからお隣のANAメンテナンスセンターに移動してきました!おお〜これはかなり巨大な格納庫!ちなみにこの格納庫は2つあり、2つ合わせると東京ドームの3.1倍、最大10機の旅客機が格納できるとか。奥行きは93mと超巨大な格納庫です。

ANA機体工場見学

ちなみに写真撮影は自由ですが、ブログなどに掲載する場合は事前にANAさんの許可が必要になります。(ここに掲載した写真は事前に許可を頂きました。)
ANA機体工場見学

この時は中型機のボーイング737-800が格納庫に入ってました。

かっちょいい!

ANA機体工場見学 ANA機体工場見学

階下まで降りてきました。こちらには旅客機に取り付けるタイヤのスペアが置いてありました。使用したタイヤはメーカーでゴムの張り替えをして5回〜6回ほど繰り返し使用するそうです。

いよいよ旅客機の近くまで近づいてみます!

ANA機体工場見学

近くから見るとまた大迫力!

旅客機内には入れませんが、皆さん記念写真をたくさん撮影してましたよ!

ANA機体工場見学

フロントのタイヤ。

ANA機体工場見学

コックピット部分を真下から。こんなところまで見れるとは思わなんだ(´∀`)

この部分は「ノーズレドーム」と呼ばれていて気象レーダーのアンテナが入っているとか。

ANA機体工場見学

前方の扉が開いてましたがもちろん入ることはできません。

ANA機体工場見学

このタイヤはGOODYEARなのね(^^ )

ANA機体工場見学

両翼の先っぽが上にクイッと曲がっているのがB737の特徴。

IMG_7652

エンジンもこんなに近くから見られます!

ANA機体工場見学

旅客機をこんなに近くで見られる機会はなかなかないですよね!

ANA機体工場見学

その横には大型旅客機が整備の真っ最中でした。かなり大きい。

ANA機体工場見学

エンジンもこの大きさ。近くにいる整備員の方と比べるととんでもなく巨大ですよね!

IMG_7737

格納庫の前は普通に羽田空港の滑走路になっているので、着陸する旅客機が数多く見ることができましたよ!

ANA機体工場見学

格納庫の外にも一機止まってました。あれはボーイング787かな?

ANA機体工場見学

と言ってる間に着陸態勢のANAの旅客機が到着!

ANA機体工場見学

工業地帯を背に着陸する旅客機。また乗りたい。

ANA機体工場見学の予約方法

ANA機体工場見学

ビデオ鑑賞30分、工場見学1時間の約1時間30分のANA機体工場見学でした。実際に整備員の皆さんが仕事をしているところも見ることが出来てとても貴重な体験でした。こうした皆さんの日々の作業が安全な運行につながっていくんですね(^^ )格納庫のスケールの大きさと間近で見るジェット機の大迫力にすごく感動しました!

さて、このANA機体工場見学は小学生以上の方ならどなたでも無料で見ることができます。予約方法は電話とインターネットによる申し込みができますが、インターネットの方が電話よりも申し込み開始日が1か月早い、見学希望日の6か月前の同一日09:30から一週間前まで申し込みできるのでこちらがおすすめです。

僕が予約した際は直近の予約は全部埋まっていて、約半年ほど待ちました。空き状況を見て、もし近い日にちで空いていればすぐに予約を入れた方が得策ですよ!

 

ANA機体工場見学

見学可能時間:月曜〜金曜(土、日、祝日・年末年始の見学は行なっておりません。また、会社都合により見学を行なわない日もあり。)
第1回:10:00〜11:30 / 第2回:13:00〜14:30
第3回:14:00〜15:30 / 第4回:15:00〜16:30
年齢制限:小学生以上(未就学のお子様はご遠慮ください)
見学料:無料
公式サイト:http://www.ana.co.jp/group/kengaku/

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!