【千歳烏山】広味坊烏山店は新世代の料理長が腕を振るう安全で元気が出る中国料理店 #広味坊

スポンサーリンク

美味しいものが大好き、東京散歩ぽです。
今回は世田谷区千歳烏山にある広味坊烏山店さんからご招待いただき試食会に参加してきました。
新世代の料理長が腕を振るう中国料理「広味坊烏山店」さんをご紹介します!

千歳烏山駅から徒歩7分

広味坊烏山店

SPONSORED LINK

京王線千歳烏山駅から徒歩7分。閑静な住宅街が立ち並ぶ街の一角に創業32年を迎えた「広味坊烏山店」さんがあります。お店の外観から伝わる本格的な中国料理店の雰囲気。早速、入ってみましょう!

広味坊烏山店
広味坊烏山店

店内はとても清潔で清掃も行き届いていていい雰囲気。

持論ですがお店がキレイなところは料理も丁寧なところが多いので楽しみ(^^ )

広味坊烏山店のメニュー

こちらが「広味坊烏山店」さんのメニュー。(※クリックで拡大します)点心、麺、炒飯や北京ダックまで!広味坊さんは北京料理や四川料理など、いわゆる中国料理の大枠にとらわれず、美味しい料理を広く食べられるのが特徴です。それで店名が「広味坊」なのね(^^ )

今回はお店チョイスのおすすめ料理をいただいきますよ!

水餃子(5ヶ700円)

広味坊烏山店

まずは水餃子が到着!

広味坊烏山店

水餃子ともにつけダレが4種類登場。えっ!つけダレだけでもこんなに種類あるの?ひとつづつご紹介すると、

  • 山西式(左上)
    黒酢とニンニク、辣油のタレ。パクチーをお好みで
  • 香港式(左下)
    沙茶醤(サーチャージャン)を酢醤油でのばしたスパイシーなタレ
  • 四川式(右上)
    胡麻・自家製辣油とたっぷり薬味を入れたゴマダレ
  • 日本式(右下)
    大根おろしを酢醤油で割ったさっぱりした和風タレ

とどれを取っても個性的なつけダレばかりでこれは楽しい!

広味坊烏山店

四川式のゴマだれをつけてみました。もちもちした水餃子の皮にゴマの濃厚な甘みと辣油の辛味のゴマだれがよく絡んでこれは美味しい(^^ ) これはこの後の料理も楽しみ!

焼き餃子(4ヶ750円)今後販売予定

広味坊烏山店

本場中国では水餃子がポピュラーで焼き餃子はほとんど食されないそうですがそんな中、この夏販売開始予定の焼き餃子を試食。

大ぶりの焼き餃子が登場!酢醤油、辣油、唐辛子のピクルスが入ったつけダレでいただきます!

広味坊烏山店

普通に焼き餃子の1.5倍はあろうかという新商品の焼き餃子も皮がもちもち。これ冷めても美味しく食べられるやつだ(^^ )

小籠包(3ヶ900円)

広味坊烏山店

小籠包が到着!ひとつずつ小さなレンゲに入っていてとても取りやすい。細かい気遣いが嬉しいですね。

広味坊烏山店

きざんだ生姜に赤酢をかけてさっぱりいただけました。

生ウニとタラバ蟹と百合根の卵白炒め(2,200円から)

広味坊烏山店

点心に続いて一品料理。最初から生ウニを使った料理が登場!

広味坊烏山店

クリーミーな生ウニを卵白でコーティングした炒め物。ふわふわな食感の中に百合根のシャキシャキ感が入ってきて楽しい美味しい大好き(^ω^)

柔らかスペアリブスパイス炒め(2本1,400円)

広味坊烏山店

続いてスペアリブです!スペアリブ!?と聞きなおしてしまいましたが、こちらは花山椒やニンニクなど20種類ものスパイスに1日漬け込んだスペアリブの炒め物。

広味坊烏山店

炒め物なんですが、スパイスが衣のような感じでお肉の周りを包んでて最初の食感はサクッ!!

中のお肉が炒め物とは思えないほどホロホロと優しく口の中でほどけます。山椒の辛さがピリッと来ますが後に引く辛さではありません。これは初めて食べた味わい。ちょっと感動レベル。

金朱鷺黒米酒をいただく

広味坊烏山店

料理もいただいてお酒もすすみます。こちらは朱鷺黒米酒というお酒。

広味坊烏山店

黒もち米で作られているという朱鷺黒米酒は紹興酒のようなクセは少なく、すっきりとした飲み口。初めて飲んだけど、これかなり飲みやすい(^^ )

甘鯛のパリパリ鱗揚げ四川香り炒め(1,900円)

広味坊烏山店

こちらは「甘鯛のパリパリ鱗揚げ四川香り炒め」。

いい香り!ニンニクの芽やパクチー、唐辛子などふんだんに盛られた香味野菜が料理を彩ります。

広味坊烏山店

お〜〜ほんとに鱗が立ってる!

広味坊烏山店

サクボリサクサクサク!!  甘鯛の鱗と身の食感がたまらない(^^ )

香り高く丁寧に炒められた甘鯛のこちらの料理はこの日一番味わい深くて感動しました。

幻の麺(2,980円)

広味坊烏山店

続いて麺料理!食材の入荷状況では出せない場合があるという「幻の麺」が登場。

白湯スープはヒラメの出汁で作ったスープというのだから驚き!

広味坊烏山店

麺を持ってみると、おー!刀削麺(トーショーメン)じゃないですか!

専用の刀で文字通り”削る”ように作る刀削麺は普通の麺よりも幅が広く短めですけど、スープがしっかり絡んでモチっとした食感。広味坊さんは中国から刀削麺の特級麺点師と呼ばれる麺づくりの達人を呼び寄せて、刀削麺の技術を継承しているそうです。

広味坊烏山店

ヒラメの身もこんなにたくさん使われています。これ、お酒飲んだ後に食べたら二日酔いとかしなさそう。胃にも優しい「幻の麺」は細かく刻まれた高菜が味の決め手。

炸醤(ジャージャー)刀削麺(1,000円)

広味坊烏山店

ジャージャー麺も刀削麺なのね!

広味坊烏山店

肉味噌とキュウリが刀削麺にからむ絡むw 

からむというか乗るレベル。これこの夏、週一で食べたい(^^ )

黄ニラと刀削麺の炒め焼きそば(1,300円)今後販売予定

広味坊烏山店

こちらも近日販売を開始するという「黄ニラと刀削麺の炒め焼きそば」。刀削麺って炒めても美味しく食べられるんだってくらい麺に出汁が染み込みまくってます。黄ニラと1本ずつヒゲをとったもやしのシャキシャキ感がいい感じです。これすぐに人気になりそう。

麻辣麺(1,200円)

広味坊烏山店

ラストは麻辣麺(マーラー麺)が降臨。

山椒と唐辛子に酸味が合わさったスープの上にはパクチーなどの香味野菜がたっぷり。この麻辣麺は広味坊さんの定番商品なんですって。

広味坊烏山店

肉バラ煮込みはプルっと柔らかだった(´∀`)

広味坊烏山店

食べる前はかなり辛いかなと覚悟したんですが、唐辛子の辛さよりも山椒の辛味が強いのでそこまで後に引く辛味ではありません。むしろ辛味が酸味で中和されて美味しくて夏バテとか吹っ飛びそうなほど元気が出そう!パクチーは個人差があると思いますが、好きな方にはおすすめの一品ですよ。僕は麺類ではこれが一番気に入りました。

こちらの麻辣麺は広味坊日本橋三越店のイートインでも食べられるそうです。

広味坊烏山店料理長の五十嵐創さん

広味坊烏山店

広味坊烏山店さんの料理長は現在開催中の日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35」で一次審査を突破した52名の中に名を連ねる五十嵐創さん。刀削麺の削る動作をデモンストレーションしてくださいました。

五十嵐さんは小学生の頃から先代と中国に訪れては様々な中国料理の味巡りしてたという生粋の中国料理人。今でも定期的に中国に渡って中国料理の研究しています。中国料理の奥深さを安全に味わってほしいという広味坊さんは化学調味料を一切使用せず、食材は築地で鮮度のいいものを選び、90%以上の食材は国産の食材を使用して安全面にも配慮してます。

現在の中国料理のいいところと悪いところを全て把握して、いかにお客様に安全で美味しい料理を出せるかを常に考えている五十嵐さんの姿勢がすごくカッコよかった。その姿勢が広味坊烏山店さんのお客さんはリピート率85%と言う驚異的な数字につながっているのではないかと思います。

3,000年の歴史と言われる中国の歴史は食の歴史でもあります。五十嵐さん腕を振るう広味坊烏山店さんは安全で美味しくて元気になる。歴史深い中国料理のいいところをそのまま感じられるお店です。

広味坊烏山店 お店情報

住所:東京都世田谷区粕谷4-23-18
定休日:月曜日
営業時間:11:30-14:30 17:30-22:00
電話:03-3326-6999

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!