2020年に江戸城再建へ!「江戸城再建を目指す会」が準備開始

江戸城は1657年(明暦3年)の明暦の大火で天守を含めた多くを焼失して以来
再建されること無く今日まで石垣のみが皇居東御苑に遺っています。
NPO法人江戸城再建を目指す会は2020年を目標に今年度から江戸城再建の準備にかかるそうです。

SPONSORED LINK

江戸城を観光立国のシンボルに

NPO法人江戸城再建を目指す会は平成16年に設立。
地道な活動で現在、会員は2500名を数えるそうです。

小竹理事長は2020年のオリンピック候補地のひとつが東京であるので
それに合わせて今年度までに築城に向けた本格的な準備体制に入ると
日刊建設通信新聞社の公式記事ブログが伝えています。

建設通信新聞の公式記事ブログ: 350年ぶりに木造で江戸城再建へ 「目指す会」が今年度から準備


構造は木造とすることが決まったそうで
天守の高さは約45m、石垣を含めると59m。高さは姫路城の1・5倍。
あの東大寺大仏殿が高さ46.8mということを考えるとかなりの巨大な木造建築ということがわかりますね^^

皇居東御苑は東京駅からも近く、完成すれば外国人観光客にも人気がでそうですね。

江戸大名屋敷ウオークも開催

こちらは江戸城再建を目指す会のイベント企画。
「江戸城を歩く」などの著者、黒田涼さんがガイドを務めるガイドウオーク
「高輪寺町と白金の大名屋敷ウオーク」が6月30日(土)に開催されるそうです。

日時
6月30日(土) 午前9時半集合(雨天決行)

集合場所
都営浅草線泉岳寺駅押上方面改札集合

参加対象
会員および一般の方々

参 加 費
会員3000円 一般3500円
※参加費には資料代・通信費・講師謝礼・傷害保険料を含み、昼食代込み。
※会費は当日集合場所で集めます。

ガイド
「江戸城を歩く」「江戸の大名屋敷を歩く」「江戸の神社・お寺を歩く」
の著者で当会会員の黒田涼氏

昼食会場
中華料理「唐園」(5475-8007)

募集人数
40人 申込締切りは6/26(火)です。
先着順で人数に達し次第締め切らせていただきますので、お早めの申し込みをお願いします。

持ち物
飲み物(途中に自販機はあります)、雨具、歩きやすい靴、服装でおいでください。

コース
1)高輪大木戸跡
2)元和キリシタン遺跡
3)亀塚公園(土岐家下屋敷跡)
4)泉岳寺
5)高松宮邸跡(大石内蔵助切腹地、細川家下屋敷跡)
6)瑞聖寺
7)畠山記念館(来島家下屋敷跡)
8)池田山公園(池田家下屋敷跡)
9)自然教育園(松平家下屋敷跡)

申し込み詳細はこちらをご覧ください。
「江戸城を歩く」シリーズ第10回 高輪寺町と白金の大名屋敷ウオーク(第18回イベント企画) | 江戸城再建を目指す会

 

 

 

建設費や建築規制など超えなければならないハードルはいくつもありますが
江戸城は東京の礎を築いた江戸のシンボル。是非、見てみたいですよね。

日本の城大図鑑 Vol.1 1.0(¥170)App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, ブック
販売元: APPLIYA – APPLIYA Inc.(サイズ: 3.8 MB)
全てのバージョンの評価: (7件の評価)


認定NPO法人 江戸城再建を目指す会

 


大きな地図で見る

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ