【麹町】インドカレーの名店「アジャンタ」のマトンカレーは五感を覚ます激辛カレー

スポンサーリンク

カレー、カレー、カレー!東京散歩ぽです!

麹町にある「アジャンタ」で本格的インドカレーをたらふく食べてきました!

麹町のカレーの名店「アジャンタ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SPONSORED LINK

今回ご紹介するのは東京メトロ有楽町線、麹町駅から徒歩すぐの本格的インドカレーのお店「アジャンタ」さん。場所的には麹町にあった日テレの旧社屋のすぐお隣なんですね。

こちらのお店はもともと1961年に九段で開業したインドカレー店が1985年からはここ麹町に場所を移してから今年で30周年を迎える人気店。

この日は「まわりぶろぐ」のハマチさんのアテンドで宮くんと男3人で行ってきました。

早速入ってみましょう(^_^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑店内の雰囲気。今回は階段を上がった2階に通されました。あちこちに電飾で彩られてまさにインド料理って感じの飾り付け。スパイスのいい香りが漂ってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑まずはアルトビールで乾杯!

さあ、何食べよう!

キーマサモサ(1個390円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑まずは鶏挽肉とポテトの三角包み揚げ「キーマサモサ」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑カリカリっとしたパイ生地を割ると中にはキーマカレーのようなひき肉がぎっしり(^。^)

スパイスもバッチリ効いてて一気に目が覚める一品!

パニールパコラ(865円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑こちらはカッテージ・チーズのヒヨコ豆衣揚げの「パニールパコラ」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑チーズを揚げたものって聞くとすごくクドそうだけど、全然そんなことなくて、はんぺんのようにふわっとしてて後引く美味しさですよ!

ラムチョップ(1730円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑羊肉リブの串焼き「ラムチョップ」はミント、カシューナッツ、タンドーリマサラの3つの味を楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑羊肉なのでもちろんクセは多少あるけど、子羊のラム肉だからとても柔らかくて日本人にも食べやすいラムチョップ。これは美味しい。

チキンカレー(1730円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑お待ちかねのカレーが到着!まずはチキンカレーから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ごろっとしたチキンはほろほろと崩れて柔らかく、辛味の効いたルーと一緒に食べるとバカうま。次から次へと食べたい衝動を抑えきれなくなります。

チーズクルチャ(650円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑チーズがたっぷり入ったナンのチーズクルチャ。

ガーリック ナーン(650円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑ガーリックナーンの上にはニンニクがふんだんに散りばめられていて、ぷ〜んといい香りが!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑インドカレーにはナンが1番合いますよね。辛くて美味しくて少しづつ汗が滲んできました(^_^;)

マトンカレー(1840円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑マトンカレーはアジャンタさんを代表するカレーのひとつ。マトンは大人の羊肉なんですが、よく煮込まれていてこちらもとても柔らかい。

辛さはチキンカレーよりも一段とパワーアップ!なんせ唐辛子が丸ごと2本入ってますからね〜。後頭部がスコーンとスッキリするような辛さというか、五感が目覚める辛さというか。そんな辛さなんです。汗かきますけど美味しい〜!

フィッシュ ティッカ マサラ(1730円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑フィッシュティッカマサラは焼きメカジキにマサラ(カレーのもと)を加えたもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑この焼きメカジキが脂が乗りまくっててカレーによりコクを与えるんですよ。これは普通にご飯でも食べてみたかったです。

チキン フライドライス(1730円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑チキンフライドライスはインドの焼き飯ってところです。マトンカレーの後だと辛味は全然おとなしい感じ。レモンとヨーグルトサラダでサッパリいただけました!

食事も済んで、そろそろデザートいきましょうってことでデザートとマサラチャーイとオーダーすると店員さんが「砂糖は入れますか?」と聞いてくるので訳も分からず「お願いします」と返事をすると…
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑するとマサラチャーイに砂糖を入れて滝の様に流し入れる店員さん!

ちょちょちょっと待って動画撮るから!

↑2つの器をうまいこと使ってマサラチャーイを流し入れる店員さん。砂糖もうまく混ざるし、熱も適度に冷めて飲み頃に(^_^)こんなパフォーマンスが見れるんね!

マサラチャーイ(520円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑スパイスが効いたマサラチャーイ。シナモンも入ってカレーの辛さからホッと一息つけます。

ワイルドロック・ビー ハニーサンデー(540円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑でもってデザートは非破壊採取のインド黒蜂蜜とアイスクリーム。昔ながらのはちみつって感じで濃厚そのもの。これも元気出る。

クルフィ(540円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑クルフィは自家製のピスタチオアイスクリーム。こちらはサッパリ、口の中の辛味がすっと引いていきます。なんでこんな形なのかと思ったらクルフィの語源が「円錐形の金属器」なのだそうですよ。

まとめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑非破壊採取のはちみつをお土産に(”非破壊”っていうワードに弱い^^;)

麹町で長年愛されている本格的インドカレー店の「アジャンタ」さん、日曜の夜に行ったんですが人気店ですね、多くの方が訪れて本格的インドカレーを楽しんでました。店員さんもほとんどインドの方々。でもスパイスなどは日本人向けに調整されている感じなのでどの料理も美味しかったです!

麹町アジャンタ お店情報

店名:麹町アジャンタ

住所:東京都千代田区二番町3-11

電話番号:050-5869-3518 (予約専用番号)

営業時間:【日・月】 10:00~23:30(L.O)【火~土】 10:00~24:00(L.O)

公式HP:http://www.ajanta.com/

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!