【港区増上寺】徳川将軍家墓所が特別公開中

こんにちは、東京散歩ぽです。
風は冷たいけど日差しが暖かい2月の中旬、港区芝にある増上寺へ行って来ました。

2015年1月1日から3月31日までの土日祝日、普段は非公開の徳川家将軍墓所が特別公開してますよ!

P2150572zojoji tokugawa

SPONSORED LINK

増上寺と東京タワー

芝の増上寺に着きました。増上寺というと東京タワーとの豪華なツーショットですよね。海外からの観光客の方も多く、皆さん写真を撮られてましたよ。

増上寺は慶長3年(1598年)、現在の港区芝に移転しましたが明治時代には大火による本堂の焼失、大正期には復興を試みたものの昭和の戦火によって焼失しました。

昭和49年に大殿、平成元年に開山堂、平成13年に光摂殿、平成21年に圓光大師堂、翌年には新安国殿が建立され、現在も宗教、文化活動の拠点として親しまれているお寺です。

P2150574zojoji tokugawa

徳川将軍家墓所が特別公開

平成27年1月1日~ 3月31日までの土日祝日、普段は非公開の徳川将軍家墓所が特別公開していたので、さっそく入ってみました。

P2150569zojoji tokugawa

大殿から見た、三解脱門。都会の真ん中にこんなお寺があるのもなんだか不思議。

P2150577zojoji tokugawa

徳川将軍家霊廟特別公開の入り口は大殿の右奥のこちらから。

たくさんの愛らしいお地蔵様の横を通り奥へと進みます。

P2150579zojoji tokugawa

ここが徳川家霊廟のある場所。

荘厳な青銅の門には徳川家の葵の家紋がたくさん彫られています。

P2150580zojoji tokugawa

霊廟前で拝観冥加料(500円)を支払うと徳川将軍家霊廟のパンフレットと焼失前の旧御霊屋の写真の絵はがきセットがいただけました。

P2150588zojoji tokugawa

堅牢な青銅の門。

両脇には龍が門を守っています。

P2150581zojoji tokugawa

霊廟へは門からではなくその横にあるこちらの入り口から入ります。

P2150582zojoji tokugawa

戦前、旧徳川将軍家霊廟は御霊屋とも呼ばれ、当時の最高の技術が駆使された厳粛かつ壮麗な霊廟が増上寺大殿の南北に建ち並んでいました。しかし、昭和20年の空襲で大半が焼失し、その後現在地に改葬されました。徳川家の六人の将軍(二代秀忠、六代家宣、九代家重、十二代家慶、十四代家茂)と皇女和宮様をはじめ、各公の正室、側室、子女多数が埋葬されています。

P2150584zojoji tokugawa

2015年は徳川家康公没後400年ということで各地で様々なイベントが開かれてますね。こちらには徳川家康は眠っていませんが、増上寺は徳川家の菩提寺なのでこれを機会に徳川家の歴史に触れてみるのもいいですね^_^

徳川霊廟個人特別拝観
【期間】平成27年1月1日~ 3月31日までの土曜、日曜、祝日
【時間】10:00~16:00
【受付】徳川霊廟前チケット札所
【拝観冥加料】500円
【月別日程詳細】

1月 1日~14日(正月特別期間)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)
2月 1日(日)、7日(土)、8日(日)、11日(祝)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)
3月 1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、21日~31日(桜の時期 特別期間)

*4月以降は現在検討中です。

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ