江戸時代の職人技が間近に!「虎屋のお雛様」

もうすぐひな祭り。
「虎屋」といえば、東京ミッドタウンにも出店している老舗和菓子屋さんですよね。
その虎屋に伝わるひな人形やひな道具を展示する「虎屋のお雛様」展が
港区青山の「根須美術館」で6年ぶりに公開中です。

SPONSORED LINK

会期
2012年2月25日(土)~4月8日(日)

開館時間
午前10時‐午後5時
(入場は午後4時半まで)

入場料
一般1200円、学生1000円
*中学生以下は無料
*コレクション展「百椿図」の会期中(2012年1月7日〜2月12日)、ミュージアムショップにて前売り券(各100円引き)を販売します。

会場
根津美術館 展示室1

休館日
月曜日

和菓子の老舗「虎屋」の14代店主・黒川光景(くろかわみつかげ)が、明治30年(1897)に
生まれた娘の初節句のために蒐集あるいは特注して調えた雛人形と雛道具の優品約300点
が展示されています。

内裏雛は京都の名店、丸平大木人形店(まるへいおおきにんぎょうてん)で誂えた典型的な
明治時代中期の京雛も凄いんですが圧巻は300点もの大名の婚礼調度品のミニチュア!
江戸時代末頃に作られた職人技ですね^^

ここまで絢爛豪華な雛人形はなかなかないですよね!
虎屋480年の歴史をひしひしと感じます^^

2012年3月9日(金)と3月23日(金)いずれも午後1時30分からギャラリートーク(各日30名)
もあるそうです。


大きな地図で見る

根津美術館HP
とらやグループHP

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ